« Tumblr(タンブラー)始めました。 | トップページ | ヨタ・ハチだ、クライドラーだ、エランだ、そして、ガンダムだ! »

2009.07.18

iPhone3GSが、やってきた!

3代目(日本では、2代目)になって、ようやく、使えるかな?と、思うようになりましたので、手に入れました。

最初は、戸惑いながらも、すこしづつ、使い始めています。

こんな感じに、トップ画面のアプリを入れ替えています。(ホームキーを押しながら、電源キーを押すと、画面のハードコピーが撮れます)

Iphone20090718

発売日から数日後になってから、都内の大型量販店に行くと、「いつ入荷するのか、一生入荷しないのか、分かりません」という、取りつく暇の無い接客をされてしまい、こちらも、事務的に、「分かりました」と、その場を離れるのを余儀なくされました。

そこから、他のお店を、渡り歩くほど、酔狂でも、時間もありませんので、ソフトバンクの公式オンラインショップで、注文すると、1週間で、自宅に届きました。すぐに、欲しいわけでもありませんが、公式オンラインショップならば、入荷も極端に遅れることも無いだろうと、思いました。

空いた時間に、すこしづつ、ということで、やっと、メールの設定が終わりました。

メール関連で、思ったこと。

1.Mobile Meメールは、プッシュされるから、便利です。でも、携帯メールとみなしてくれませんから、迷惑メール対策で、携帯電話で、PCメールを拒否している人(それは、私か?)のような者には、携帯メールとみなされずに、サーバーで、消えてしまい、相手に届きません。メールを送った!届いていない!で、喧嘩の原因になりますが、そういった些細なことが原因になる気がします。

2.softbank.ne.jpメールは、MMSを、無理やり、Eメールに変換しているみたいです。Eメールに慣れてしまいますと、案外使いにくい。ノキアも、これでしたが、ほとんど使わずに(使えないから)、一般のメールを使っていました。

3.i.softbank.jpメールは、携帯メールとして、扱ってくれるようです。使い方も、普通のメールと、同様に扱えます。IMAPサーバーに保存されたメールは、30日で、自動削除されます。転送メールの設定が無いために、送受信データのバックアップを取れないことが、不便でしょうか。一般的に使うとしたら、これですかね。

総合的に判断すると、日本語変換で用いられる、日本語辞書は、阿波の郷の徳島製ATOKなどに、比べるまでも無く、貧弱です。単語登録も、あるのかな?と、思っています。携帯メールを、ガンガン打つ(書く)方には、不向きかなあ?と、思います。

iPhone3GSの不満も、あります。日本メーカーのデバイスひは、その良さもあるし、こういった海外の大量生産の汎用品の良さも有ると思います。どちらも、切磋琢磨して、より良い物を、安価にユーザに供給してほしいと思います。

使い方に、慣れてきましたら、いちど、連絡情報として、改めて連絡しようかと思っています。

« Tumblr(タンブラー)始めました。 | トップページ | ヨタ・ハチだ、クライドラーだ、エランだ、そして、ガンダムだ! »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/45668603

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone3GSが、やってきた!:

« Tumblr(タンブラー)始めました。 | トップページ | ヨタ・ハチだ、クライドラーだ、エランだ、そして、ガンダムだ! »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ