« 新疆での内乱 | トップページ | 今後数年間のデジタル関連のメモ »

2009.07.11

パプリカのマリネ

フランス語の先生からの郵便物がポストに届いていた。中身は、薬草(ハーブミックス)のようで、プロヴァンス・ハープというそうな。どんなの?と、思うかたは、こちらを、クリック。リンク先に、端的に説明があり、助かります。そのサイトの文章が印象的だったので、勝手に引用します。
P1010927

男の料理を主婦から見ると
1.値段に糸目を付けず高い食材を惜しみなく使う
2.食材の良いところだけ使って、食べれられるところを豪快に捨ててしまう
3.普段家で食べてない変わった料理にチャレンジしたがる
4.味に関係ないプロセスにまでこだわったマニアックな調理をする
5.独りよがりで個性的な味付けをする(たいて不味い)
6.作るだけで後かたづけををしない

写真のようなマリネ(マリーナード、マリネート,marinede)、スペイン語だと、エスカベチェ(Escabeche)だそうですが、発音が違いますね。

で、フランス語の先生に教わったレシピを、かなりアレンジしました。
教わった通りに、作らないと、怒るかな?。。。と、気にしない、気にしない、マイペンライ(タイ語)

材料(値段に、糸目を・・・・・)
パプリカ(3種類の赤、黄色、オレンジ)・・・・近所のスーパーで韓国産が1個百円くらいを狙い目
ピーマン・・・パプリカと色違いということで
冷凍のエビ・・・大安売りを狙ったもので
イカ・・・スーパーの見切り品、加熱処理用

フレンチソース(漬汁だと思うのだが)
マスタード・・・・冷蔵庫の在庫が切れていましたし、さらに、買い忘れました!
白系のワインビネガー・・・ブランドは、何でも、良いと思う
レモン汁・・・・100%の瓶入りで絞ったもので、十分です
オリーブオイル・・・・バルサミコとかの高級品だと美味しいらしいが、これも、特売品を
ハーブミックス・・これが、秘訣だそうです、なければ、ローリエとか、パセリを散らすとか
おろし生ニンニク・・・・スーパーで売っている100円のチューブ入り
塩(クレイジーソルト)
胡椒(クライジーペッパー)

玉ねぎを加えるのも、ありかな。。

作り方

その1
パプリカの表面を、オーブントースターか、ガスコンロの直火で、表面が黒くなるまで、焼いて、皮をむきます。
ーー>夏の暑い時期に、ガス台の前で、というのは、つらいし。面倒だと、おもうけれども、これが、秘訣らしい。甘味が出るそうです。

その2
焼いたパプリカの皮を、冷水で冷やしてから、ムキます。表面の皮を、うまく焼けるくらいになれば、OKらしいですが。。。面倒になったので、途中で、挫折しました。

その3
ヘタとタネをとって、適当に切ります。ピーマンも同様。

その4
冷凍エビ、イカとかも、レンジで加熱しておきます。

その5
フレンチソースに、以上のものをいれて、漬け込みます。

だいたい、半日くらい漬け込むと、食べられました。冷蔵庫で保存すれば、3~4日くらいは、食べられるみたいだから、最初のパプリカの皮むきが面倒な方は、皮をムカないでも良いかもしれませんが、甘味が違いますね。

« 新疆での内乱 | トップページ | 今後数年間のデジタル関連のメモ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/45596978

この記事へのトラックバック一覧です: パプリカのマリネ:

« 新疆での内乱 | トップページ | 今後数年間のデジタル関連のメモ »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ