« バレエの曲(舞踏曲)と言っても、普通は、信じてくれない曲 | トップページ | 「格闘技」という名の「弦」楽器 »

2009.08.29

アジア・ユース・オケのライブに行ってきました

久しぶりのオケの演奏会です。AYOの世界ツアーの最終日(ファイナル)を飾る東京公演です。この演奏会のことは、一ヶ月くらい前のMXのザ・ゴールデンアワーにおいて、マリア・テラサ・ガウ嬢(ファンタのCMの先生)の初の海外取材(て、いうか、よく、海外取材ができたよなあ。この番組)で、紹介されていたことが、きっかけです。

オープニングでは、指揮者のパンチャスさんが、日本語での「ご挨拶」(これは、譜面台を指揮台の前後に2つ用意してカンペを読みながら)ですが、3分くらい、日本語です。世界ツアーをしながらとは、いえ、かなり、聞き取りやすい日本語ですから、たいしたもんですね。

このオーケストラは、毎年、オーディションによって選ばれて(一年間の奨学金あり)、今年は、2万人2千人の中から選ばれた84人の16歳から25歳の若者を、広くアジアから集められて3週間の合宿(香港)の後に、、8月上旬から、香港を皮切りに、2日演奏して、1日移動、というパターンで、アジアを回り、最後の日本(京都、尼崎)を経由し、東京公演、2日間となったようです。

演奏そのものを、申しますと、今日のプログラム・セットリスト(後で記述)のとおり、ソロが、多い曲ばかりです。これは、初日のプログラムが、ブラームスの4番と、モーツアルトのピアノ20番に、比べるまでもなく、ソロが、多いですので、個人個人の能力が、如実に出る。なおかつ、1ヶ月あまりのツアー(ほとんど、休んでいる暇なし)なので、若いとはいっても、疲れがピークなのでしょう、ミス多いです。比べるのは、変ですが、昨年の南米のユースオケのようなラテンのノリではなく、アジア的な情緒(ワビサビなんて言いませんが。。)が、感じられる、演奏でした。もう、初物というか、そういうノリで演奏会に行く!、でしょうね。

オーケストラ・アンコールの2曲目の前に、メンバーの紹介がありました。各国からの参加人数とかの紹介です。香港、韓国、台湾、中国が、10数名と圧倒的に多く、そこに、フィリッピン4人(男のみ)、ベトナム1人(女性)、マレーシア1人(女性)でした。そこにアメリカ人(指揮者)が、一人。で、忘れてた、と、そうそう、日本人も多くて、15人です、と紹介です。また、このツアーの中から、カップルとして参加して、結婚式をあげた二人もいました。たしか、日本人(バストロ、ヴァイオリニスト)の写真が、パンフに紹介されていて、その二人も紹介していました。

で、最後に、明日からは、日本人は、自宅に帰るし、中国人は、飛行機に乗って。。。と、いうくらいに、本当に、ファイナルになる曲です。もう、このメンバーで集まることは、二度とありえないでしょう。と、説明していました。ステージ上には、涙ぐんでいるメンバーもいました。

で、紹介された曲が、イギリスの作曲家エドワード・エルガーのニムロッド(NIMROD)です。エニグマ変奏曲集の中の一つですが、「友人への感謝、誇り」などなど、そういった類の際に、よくTVなんかで、使われる曲です。このメンバーと集まって、演奏できたことを、誇りを持ちたい。そういう、気持ちを、表してのアンコールですね。いやあああ、渋い選曲、泣かせるなあ。指揮者、えらい!アンコールを記載した記事掲示板の前で、エルガーだ、エルガー!と、言っている人が、多かったです。つまり、みんな、この曲が、一番、印象に残ったって、事ですよね。

演奏後のステージにでは、各所で、隣り合ったパート同士で、握手や抱擁などなど、至る所で。「国際交流」が、見られました。音楽で、世界が平和になるとは、思わないけど、相互理解は、こういうところからのスタートじゃないかなあ。と、戦争反対論者なので、こういう文章になります。

追記(2009年8月30日)

以前、紹介しました、ラマラ・コンサートのエンディングも、このニムロッドです。同じような別れのシーンで、演奏されていました。

ツアー日程

8/8,9 上海
8/10 北京
8/11 天津
8/13,14 香港
8/17,18 台北
8/20,21,23 韓国
8/25 京都
8/26 尼崎
8/28,29 東京

これは、若くなくては、と、思いましたが、指揮者と、ソリストは、高齢だった。。。

曲目(プログラム・セット・リスト)

東京公演2日目

アジアユースオーケストラ 2009年プログラム

指揮:リチャード・パンチャス(Richard Pontzious)

ピアノ:ジャン・ルイ・ストイアマン(Jean Louis Steuerman)

前半

サミュエル・バーバー
弦楽のためのアダージョ 作品11

モーリス・ラヴェル 
ボレロ

後半
モーリス・ラヴェル
ピアノ協奏曲 ト長調

イーゴリ・ストラヴィンスキー
火の鳥 組曲1919年版

ピアノ・アンコール

シューマン
間奏曲・作品220-4

オーケストラ・アンコール

モーリス・ラヴェル
道化師の朝の歌

エルガー
ニムロッド(エニグマ変奏曲より)

英語公式サイト

日本語公式サイト、

メインスポンサーのひとつ、フジ・ゼロックスの公式サイト

« バレエの曲(舞踏曲)と言っても、普通は、信じてくれない曲 | トップページ | 「格闘技」という名の「弦」楽器 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

JohnClarkが用意したの?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/46061890

この記事へのトラックバック一覧です: アジア・ユース・オケのライブに行ってきました:

» 京都の紅葉ベストスポット 第1弾 [紅葉 京都]
古都京都!!! 毎年全国1位の観光地です。 風情ある京都が彩られる秋 紅葉と共に京都を満喫してみませんか? [続きを読む]

« バレエの曲(舞踏曲)と言っても、普通は、信じてくれない曲 | トップページ | 「格闘技」という名の「弦」楽器 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ