« 新型インフルエンザ あなたの?に答えます(政府公報) | トップページ | ソニー製の「ピクチャーフレーム・クロック・ラジオ・for・iPod」 »

2009.09.03

いろいろな考え方

昨日の放送されたものを、録画していたので、見ていました。いつもの、ザ・ゴールデンアワー。ゲストが、自称日本一下手なイラストレーターの西原理恵子さんでした。でも、めっちゃ、儲かっていると思います。天荒な生き方を綴った部分が「無頼派」と、思われがちですが、亡くなった旦那さん、鴨志田穣(かもしだあきら)さんの影響で、貧しい国の子供たちを救う活動もしているんですよね。

で、面白かったのが、インタビューのところ。いつのまにか、コメンテーターのサヘルと、バトル・トークに、なっていました。サヘルのブログのコメント欄に、記載があったので、引用します(要はコピペ!)

「徳に気になる」では、映画「女の子ものがたり」を取り上げ、原作者で漫画家の西原理恵子がゲスト。映画の紹介や西原さんの人生論的なお話をして行く中で西原千恵子流金銭感覚「自分と同じくらいの年収の男と結婚しろ!」では、

徳光さん「年頃の、結婚を目前にも控えていない二人がいるわけなんですが、サヘルちゃんこの話聞いてどう思う?」

と聞かれ、

サヘル「最初に聞いた問いに、もし私が年収100万だったら、相手も100万って…」

西原さん「それしか望んじゃいけないってことですね」

サヘル「でも、若い時によく友達と話してたのが、愛が有ればお金が0円でもやって行けるものなんですか?」

西原さん「絶対に無理。貧乏と貧乏が一緒に住むでしょ。4倍くらい貧乏になっちゃうの。毎日毎日ほんとにちっちゃい事で喧嘩になるよ。人間なんてほんとみっともないものなんだから」

サヘル「やっぱり、それだけお金があった方がいいってことなんですよね」

西原さん「お金はね、ないとダメです。そうでないと相手を幸せにするために、自分を幸せにするために何もしない人たちが暮らしてるだけですよ。どうしようもないじゃないですか」

サヘル「不思議、その考え方。私の国イランでは、男性は高収入、女性は常に楽でいると言う考え方なので、同じレベルじゃないといけないと言う考え方が新しい発想です」

西原さん「旦那さんに他に恋人が出来て、今の奥さんを大っ嫌いになったらどうなるの?」

サヘル「一夫多妻制なので、問題ないです」

西原さん「よく3番目の席を空けておくっていいますよね、そっちね。で、4番目にしてあげるから、と言って浮気を繰り返すんだけど、それで捨てられてしまったらどうなるんだろう?」

サヘル「でも、お金がいつか入ってくると言う考え方なので、捨てられたという感じがしなくて、逆にお金さえ入ってくればいいかな、って」

西原さん「お金が入ってこなかった人は、ちゃんと家を差し押さえたり、子供の教育のために鬼になることはできる?」

サヘル「結婚する前にちゃんと約束事があって、私はあなたと結婚します、もしあなたがお金を渡してくれなかったり離婚するのであれば、この家は私のもの、という契約を結ぶんですよ。何かしら絶対何か入ってくるんですよ」

西原さん「じゃ、貧乏人の男は一生結婚できない?」

サヘル「そうですね」

西原さん「富をばらまかないようなシステムになってる?」

サヘル「たぶん、そうです」

西原さん「じゃ、ぶっさいくな女も一生もらってもらえないの?」

サヘル「そうですね」

スタジオにやや引き気味の笑いが…。

サヘル「でも、家庭が裕福でその女性にお金があれば問題ない。どちらかなんです」

西原さん「じゃ、最下層同士はどっちも結婚できないまま終わってしまうんですか?」

サヘル「それもありますね」

西 原さん「その最下層の人達が人になるために、と言うのが私の言い方です。最下層の人達も人ですし、カンボジアへ行ってたんですけど、子供たちがゴミだけ 拾ってるんですね。そんな子供たちを拾ってきて教育すると、たった1年で成績優秀でアメリカに留学するくらいになる。貧困層の子供たちもチャンスがあると 出ちゃうんですよ。すごい私にとっては希望です。教育のない人間は一生ダメな人間なんてことはないんです。チャンスがあれば上がれるんです。上がるために はとにかく母親が人間になること。犬に金をやっても犬を育てるだけなんですよ。母親が働いてお金を持つことによって、初めて人間になるんです。男に絶対援 助をやっちゃいけないんですよ。母親に職業と知識を。そうすれば貧困は必ず直るはずです。ムハマド・ユノスもそう言ってます!」

サヘル「はい!」笑

徳光さん「それが本来民主主義の在り方だもんね。平等に教育を受ける権利は誰にでもあるんだよね」

西原さん「子供を売春婦や泥棒にしたいお母さんはいないんですよ」

徳光んさん「本来はね」

サヘル「お金がないからそうなっちゃうんですよね」

西原さん「その最貧困層を税金を納める立派な人にしたら、どんなに国が潤うか」

徳光さん「税金納めてましたっけ?」

西原さん、とぼけた顔をする(笑)

« 新型インフルエンザ あなたの?に答えます(政府公報) | トップページ | ソニー製の「ピクチャーフレーム・クロック・ラジオ・for・iPod」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

きのうはアメリカっぽい離婚しなかったー。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/46114236

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろな考え方:

« 新型インフルエンザ あなたの?に答えます(政府公報) | トップページ | ソニー製の「ピクチャーフレーム・クロック・ラジオ・for・iPod」 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ