« ウィーン・フィルの生放送(FMラジオですが) | トップページ | 久しぶりにDVDで見た「プロバンスの贈り物」 »

2009.09.20

シルバー・ウィークは、近場で過ごすので、ウィーン・フィル公演へ

シルバーウィークというのが、何時の間に?と、思いつつ。100年に一度の経済危機にもろに影響を受けてしまったので、先立つものが無いので、ビッグサイトの旅行博などで、お茶を濁し、夕方前に、ヨドバシで、オーディオテクニカのスピーカーケーブル657AT6157を3mほど買い(m単価200円で、十分、良い音出ますよ)、その足で、ミューザ川崎へと、向かいました。

P1020012 目的は、「ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2009」のミューザ川崎でのリヒャルト尽しを聴くためです。

ミューザ川崎は、関東屈指の音響を誇るホール(5年前の杮落しシリーズで、BPOを振ったサイモン・ラトルが、ベルリンへ、持ち帰りたいと、愚痴ったホール!)ですが、そのア・シンメトリー(左右非対称の不自然さ)と、「川崎に、こんなホールが有るのが許せん!」という東京の僻み根性のため、東京駅から東海道線を使って10数分、川崎駅からの歩き3分というアクセスの良さにも関わらず、東京駅から丸ノ内線を使い溜池山王駅から10分以上歩くサントリーホールに、人気で、負けている、不思議なホールです。

さて、会場の17時半過ぎにミューザに到着すると、まだ、開いていない!、やたら、人が多い!普段の東響よりも、なんとなく、皆さんの服装が、ジェントルというか、カジュアルなのは、私ぐらいか?という、なんとなく、場違いな気もしないでもないが、席に着くと、やっぱり、周りが、お金ありそうな、人ばかり。会話のあちこちに、出てくる単語が、なんだか、庶民というか、やっと工面した私とは、ほど遠い気がする。「今年のVPOは、今日が初日です」とか、「去年のムーティは。。。」とか、こんな高額なチケットのオケに、毎年のように、何度も、行けるんだああ、すごいなあと、まあ、そんなこと、気にせずに、です。

で、VPO公演は、複数有るわけですが、これを選んだ理由は、メータの指揮で、ミューザで、「英雄」を、聴きたかった!です。メータが、VPOを引っ張って来日するのは、1996年以来の13年ぶり。メータは、今年で、たしか、73歳ですから、次に、VPOとの公演は、有りえないだろう!と、いうことで、「VPOでの見納め」も、ありました。座席が、P席というか、まあ、ステージの後ろ側ですから、メータの指揮が、正面から、よく見えましたけれども。

それと、プログラム・セット・リストを、見て気がつく方も、おられるかもしれませんが、低音系のプログラムです。曲自体は、それほど、低音が効いているか?と、疑問が有るかもしれませんが、メータ自身が、コントラバス出身の指揮者と、いうわ事で、なにげに、低音が、活躍する部分が、随所にみられる楽曲です。ソリスト以外の部分でも、オケの後ろのほうで、地味に、普段以上に、目立った部分が多い楽曲です。

指揮台に、メータが登った時、足取りとか、動きは、まだまだ、元気だなあ、と、思いましたが、なんか、以前(前回のIPOを引っ張ってきたとき)よりも、髪の毛が、白くなったなああ、と、思います。照明のせいかなあ。

「前半」のドンキを生で聴くのは、初めてでしたが、ウィンド・マシーンと呼ばれるウィンドウ・マシーンと呼ばれる楽器を使用した空中飛行のシーンが、ステレオ効果を伴って、見事に表現されてました。CDで効いているときは、気がつきませんでしたが、これは、CDが、5.1chとかで、録音されていないと、この効果は、分からないです。それと、ドンキでの、コンマスが、なんとなく、白人にしては、華奢な体格だなあと、思っていたのですが、コンミス!でした。髪の毛が短いし、ドレスでなく、スーツとパンツ・ルックだから、後ろから見ていると、最初は、気がつきませんでした。そういえば、他の数少ない女性奏者もパンツ・ルックだなあ。VPOって、オケに、女性が、参加するようになったけれども、服装規定があるのかな?

後半の「英雄」です。イントロ(出だし)が、ガツンと、もうちょっと、攻めて来るかなあ?と、期待していたのですが、案外、あっさりです。うーん、こういうメータの、ハッキリしないところが、最近の「評論家受け」の悪いところなんだろうなあ。と、思うのです。楽曲が進み、途中で、「B管」のペットの三人が、静かに立ち上がって、楽屋に引き返して行きました、「ん?」と、思いました。これは、舞台裏から演奏する表記でした。これは、マーラーの巨人にも、ある部分です。それが含まれている、「英雄の戦場」での、鳴らし方ですが、これは、イケイケ・ドンドン、攻めまくる部分でも有りますが、LAPOの熱血時代を思い出されます。まだまだ、メータも、老いちゃいないなあ、と、安心、安心です。それと、IPOでの来日公演の時と同様に、弦楽器を、基本にガッチリ固めた土台の上で、空中戦と、言いますか、ドン・パチ・ジャン・ジャン・バラバラ、高音、中音系が、打ちまくっても(鳴らしまくって)、「全体の音」が破たんすることが無いのは良いですね。100%で、出し切るのではなく、「音質」が壊れないで、進んでいけるのが、聴いていいて、本当に、安心感があります。と、なんの、コッチャ、と、思われますよね。

アンコールですが、客席に向かって、「レモンの花咲く頃に」と、日本語で!喋ってから、演奏を、始めました。そう、「ヨハン・シュトラウス・ファミリー」という、「お正月」モードですね。どうせなら、「ラッデッキー」と演奏してほしいけれども、それは、「ウィーン」だけの伝統なのでしょうね。

プログラム・セット・リスト

指揮:ズービン・メータ
ヴァイオリン:フォルクハルト・シュトイデ(英雄のソリスト)
チェロ:タマシュ・ヴァルガ(ドンキのソリスト)
ヴィオラ:クリスティアン・フローン(ドンキのソリスト)
管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

前半
R.シュトラウス:交響詩「ドン・キホーテ」op.35
後半
R.シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」op.40
アンコール
J・シュトラウス・2世:レモンの花咲く頃に

« ウィーン・フィルの生放送(FMラジオですが) | トップページ | 久しぶりにDVDで見た「プロバンスの贈り物」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

到着するの?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/46256124

この記事へのトラックバック一覧です: シルバー・ウィークは、近場で過ごすので、ウィーン・フィル公演へ:

« ウィーン・フィルの生放送(FMラジオですが) | トップページ | 久しぶりにDVDで見た「プロバンスの贈り物」 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ