« J1サッカーもシーズン終盤です。 | トップページ | ココログのトップページ »

2009.11.23

アメリカン・メディカル・エイドという名のアプリ

最近、連続しているiPhone関連です。先日の記事に書かなかった最も下部にある「Medical Aid」のアイコンです。普段めったに、使わないアプリは、普通ならば、トップページには置かないで次ページ以降に置くのですが、使用頻度の低いものでも、これは、特別なものです。つまり、非常用のアプリです。TochではなくPhoneでなくては、ならいこと。それは、電話!ということを、痛感できるソフトです。

「American Medical Aid」というアプリです。

このアプリを含めて、救急メディカル系のアプリに関しては、日本語で、ググっても出てこなかったので、書こうかと思います。ダイエットなどは、たくさんあるんですよね。医療に関しては、普段から、あまり興味がない分野なのでしょうか?。

とは言うものの、これって、いわゆる個人情報そのものを、明確にして、携帯の中に、持ち歩くということなんですよね。ある意味では、究極のプライバシー情報かも知れませんが、緊急時に、連れ合いの人の医療情報を、細かく説明できる人がいるのでしょうか?もし、そうなったとしても、興奮していて上手く説明できないこともあるし、これを、見せれば、済む話なんですよね。

Img_0018

英語圏のアプリケーションなので、すべての説明が英語で記載されています。

米国の赤十字社と国家災害医療システム(NDMS、National Disaster Medical System)の仕組みに尊重した基準(スタンダード)により、米国のファーストエイドと手順をカラーのイラストレーションを添えています。

Img_0019 ローディング画面を終了すると、最初に表示されるのが、この画面になります。

左上が、本人の写真(猫で代用中)、写真の下が名前、名前の下がID番号

右上の赤いボタンは、メディカル・アラート情報です。
ここには、緊急時に、医療関係者に伝えたいことを、手短に、記入します。

例、私は、透析患者です。(I am dialysis patient)
私は、重症アスピリン喘息です(I have aspirin asthma)

緑のボタンは、Medicaionで、普段使用している薬(常用している薬)を記載します。

その下にあるのが
Contact(連絡先)です
緊急連絡先と電話番号
家庭医(主治医連絡先)と電話番号
Img_0020
Health(健康欄)です
血液型
現在の状況
アレルギー
常用している薬
既往歴{きおうれき}
メディカル・アラート情報
Img_0021 Insurance Infomation(保険情報)
保険会社名:健康保険の組合名
保険証券番号:健康保険の番号

Personal(個人情報)
名前
自宅の電話
ID番号
自宅の住所

そして、メモ欄
Img_0022 下段にある電話のボタンをクリックすると、このような電話の画面が、表示されます。
エマージェンシーコールは、対象国を選択することで、自動的にセットされますので、覚える必要はありません。
エマージェンシーコンタクトは、緊急連絡先です。
パーソナルコンタクトは、自宅連絡先です。
メディカルコンタクトは、主治医連絡先です。

iPhonesでは、電話のボタンを押しますと、本当に電話されます!(ソフトバンクの場合には、+ではなく、010を、利用しなければならないようです。ああ、めんどくさい)
Img_0023 Setting(設定)情報では、
パスワードでは、アプリ起動時の4けたの数字によるパスワードロックが可能です。
SetHomeScreenは、アプリ起動時の画面を、プロフィール、緊急信号、電話、リソースから選択できます。
CreateWallpaperは、iPhoneの壁紙に対して、「メディカル情報」、「緊急連絡先」、「血液型と健康状態」のいづれかを、作成が選択できます。
Img_0030
緊急信号を、ランプを点滅して表示します。


どう使うかって?私の場合だと、バイクで、自爆した後に、緊急電話をした後に、意識のなくなりそうな時に、このボタンを、押すんですね。そういうシーンには巡り逢いたくないですけど。

色は、選べますが、緊急時に、そんな余裕は、無いですよね。
Img_0025 リソースのページです。
ここには、英語のコンテンツとして、緊急対応(ファーストエイド)のマニアルが記載してあります。
全部を、説明するのは、難しいので、抜粋します。
Img_0026 ここは、ファーストエイドの項目の中にある、ファーストエイドの種別を羅列しています。さらに、詳しい内容を、その先で、確認できます。
Img_0027 こちらは、CPRの説明欄にある、イラストレーションです。

すべての内容を、日本語で記載することは、一冊の本になると思いますが、語学の知識だけでなく、ある程度の裏付けとなる医学の知識がないと、難しいです。この本の内容を、そのまま、移植すれば、OKの様な気もします

海外旅行医学ハンドブック(篠塚規:著作)(アマゾン)

そういえば、このアプリを見せたときに、面白がって見てくれたから、まんざらでもなさそうでした。こんど、本人に会ったときに、それとなく、尋ねてみます。って、マックを持っていないし、IPHONEのアプリを作ったことも無い私でも、作れるものなのだろうか?(無理だろ)

このアプリが、日本語化したとしても、さらに改善できる情報として、現在位置情報を、GPSで取得して地図上に示すことやメールすることかな。あれば、良い機能だと、思います。

それよりも、自分自身が、バイクに乗って自爆した際に、救急車で運ばれて、その救急救命室で、このiphoneに、救急情報が入っていたことが、気がつかなかったら。。て、言うか、普通に考えて、自爆したら、携帯、ぶっ壊れるだろ。。って、オチかなあ。。

« J1サッカーもシーズン終盤です。 | トップページ | ココログのトップページ »

心と体」カテゴリの記事

コメント

JohnClarkがロックするの?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/46840712

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカン・メディカル・エイドという名のアプリ:

« J1サッカーもシーズン終盤です。 | トップページ | ココログのトップページ »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ