« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.30

北野 幸伯さんの「国家の気概」を読んでいます

RPE Journalで、ロシアから見た日本という観点で日本の未来を危惧して
いる国際アナリストの北野 幸伯(きたの・よしのり)さんの新作は、
電子書籍、それも、携帯のみでの「電子書籍」のみでの出版。
ビジネス書で、携帯のみっていうのもすごいよね。
と、思いつつ。
とりあえず、読んでいますが。
これが、章ごとのダウンロード。。。
って、高くないか?アマゾンのキンドルとかでまとめて配信して欲しい。

北野さんの前作の感想は、こちら
「隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?」を読み終える: ダイビングと旅行

ま、それは、ともかく。以下は、引用です。

1章の内容は

・人類はどこへむかうのか?

・「自由」「平等」への原動力

・国家ライフサイクル

・選ばれし国

・東洋の楽園 ~ 選ばれし国への準備

・ペリー来航と日本人の気概

・奇跡の明治維新

・江華島事件

・日清戦争

・日ロ戦争

・第一次大戦の勝利と暗転

・第二次世界大戦

・世界の経済大国

2章の内容は、

・歴史が「自由」「平等」にむかうメカニズム

・アメリカは、なぜ「民主主義国」になったのか?

・スミス対マルクス

・マルクス対ケインズ

・なぜ植民地はなくなった?

・冷戦の開始

・アメリカの自信喪失

・中国・朝鮮の代理戦争

・ケネディの焦り

・ベトナム戦争

・グレート・ソサエティ

・アメリカ「暗黒の10年」

・救いはアジアから

・冷戦の終わり

といことです。

北野幸伯の公式ホームページ

アンプのチューナーの設定を変更しました

これは、備忘録です。

FM放送のアンテナを簡易アンテナから壁に取りつてあるTVアンテナ線に変更しました。壁のTVアンテナ線は住居が集合住宅の為にケーブルTVが周波数を換えて配信しています。そのために、アンプに内蔵しているチューナーのチャンネル設定を変更しましたので、ここに記録して置きます。

P1020339 ;

                                                                                                                                   
アンプコンポICレコーダー放送局周波数帯JCNの周波数帯
111bay fm78.0MHz77.5MHz
332NACK579.5MHz79.1MHz
443TOKYO FM80.0MHz80.4MHz
  4Inter FM76.1MHz 
558NHK- 千葉FM80.7MHz81.6MHz
665J-WAVE81.3MHz83.2MHz
 76NHK-東京FM82.5MHz83.8MHz
227FM-FUJI83.0MHz78.3MHz
78 いちかわエフエム83.0MHz84.4MHz
899Fm yokohama84.7MHz85.7MHz

と言うことですが、アンプ、コンポ、ICレコーダーの機種ごとに周波数をチャンネルに設定する方法が違いますし、最初に設定を行うと、見直さないために、ものすごく面倒です。TVやビデオなどの自動設定はコナレテいるなあと、思います。

写真は、現在のラックの配置です。使っていない旧アンプもあります。新旧、メーカーごちゃごちゃです。

2010.05.23

レンズ豆のベジタブル・パスタ

人類は、麺類だ

昼食に続いて、夕食も、パスタ

すこし、食材にパンチ力(力強さ)が無い?

レンズ豆、ナントカカ豆(名前忘れた)、
トマト缶(1個)、ミックスベジタブル(お好みで)
ニンニク(適当)
イタリアン・シーズニング(お好みで)
クレイジーソルト(お好みで)
パスタ(フェデリーニ1.4mm)

トマトソースは、余ったので、冷蔵庫で、フリージング!

P1020338


トマトソースは出来た

速攻で、煮込み完了

早すぎか?

さて、どうなるか

P1020335

今日の失敗(ツナ・パスタ)

久しぶりのツナ・パスタ

塩ゆでの塩を、ポチャっと、塊で入れたのが間違い。

ちょっと、塩辛い。

きょうは、失敗

ツナ缶(1個)、トマト缶(1/2個)、玉ねぎ(1個)、ニンニク(適当)、

イタリアン・シーズニング(お好みで)、パセリ(お好みで)

パスタ(フェデリーニ1.4mm)

P1020332

ブルーレイ・プレイヤーを、買おうか、否かを、悩んでいる

ブルーレイ・プレイヤーを、買おうか、否かを、悩んでいる。理由は、ブルーレイプレイヤーで録画中には、ブルーレイディスクの再生が、出来ないからだ。

これは、どういうことかというと、何気に、レンタルや録画したブルーレイ・ディスクを見ていると、予約した録画が始まると、ディスクの再生が、止まってしまうからだ。

これって、案外、ストレスです。録画しているのは、後で、じっくり見ようと、録画しているものや、自動録画で、自分で意識していないところで、録画されているからだ。

安さでは、ブルーレイ・プレイヤーだが、もう少し出せば、シングル・チューナー録画機能付きも買える。シングルよりも、ダブルのほうが、なにかと、便利ことも多いし。ただし、そんな現金はない。これは、悩みどころ。

「マイレージ、マイライフ」は、良かった

ジョージ・クルーニー出演の映画「マイレージ、マイライフ」(Up in he Air)を見てきた。

ジョージ・クルーニーの映画を映画館で見るのは、シリアナ以来かな?久しぶりに、見た気がする。

これは、良い演技だなあ。と、思った。アレックス役のヴェラ・ファーミガもいいなあと、思った。ただし、映画の結末が思った通りの(協調路線)のハッピーエンドにならなかったのは、ちょっと、残念だった。途中までは、身につまされるようで、つらいなあ、と、思って見ていたが、途中からハートウォーミングな部分のファミリードラマのようになって、辛さもやwら儀ます。でも、最後の、部分は、ちょっと、厳しいというか、男が甘いというか。今年見た映画では、サンドラ・ブロックやマット・ディモンと並んで、もう一回、見ても良いと感じました。


2010.05.22

NHKのワールドカップの記録に残る名勝負の放送予定

NHKで、過去のワールド・カップ・サッカーの7試合を、再放送します。

この中には、86年のセミ・ファイナルのアルヘンvsイングランドもあり、見逃せません。

5月23日(日)      総合      0:00~2:15      
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’86メキシコ 準々決勝
「アルゼンチン」対「イングランド」
(1986年6月22日)

5月23日(日)      BS1      13:00~14:50      
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’70メキシコ 決勝
「ブラジル」対「イタリア」
(1970年6月21日)

5月23日(日)     BS1     15:00~16:50    
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’86メキシコ 決勝
「アルゼンチン」対「西ドイツ」
(1986年6月29日)

5月23日(日)     BS1     18:00~20:50    
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’82スペイン 準決勝
「西ドイツ」対「フランス」
(1982年7月8日)

5月30日(日)      BS1      13:00~14:50      
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’98フランス 決勝
「ブラジル」対「フランス」
(1998年7月12日)

5月30日(日)     BS1     15:00~16:50    
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’02日本・韓国 決勝
「ドイツ」対「ブラジル」
(2002年6月30日)

5月30日(日)     BS1     18:00~20:50    
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’94アメリカ 決勝
「ブラジル」対「イタリア」
(1994年7月17日)

ついでに、南米と欧州の贔屓チームの放送も有ります

5月27日(木)      BS1      19:00~20:50      
国際試合
「アルゼンチン」対「カナダ」
(現地 5月24日)

5月28日(金)      BS1      19:00~20:50      
国際試合
「オランダ」対「メキシコ」
(現地 5月26日)

6月3日(木)     BS1     19:00~20:50    
国際試合
「ポルトガル」対「カメルーン」
(現地 6月1日)

6月8日(火)     BS1     19:00~20:50    
国際試合
「スペイン」対「韓国」
(現地 6月3日)

NHKサッカー放送予定

2010.05.16

FMラジオのタイマー予約メモ

ラジオのタイマー録音なのですが、毎回オンにしないと、上手くいかないので、

時々、忘れてしまうので、メモにしておきます。

紙のメモに書いておいても、

時々、どこかに、飛んで行ってしまうので、こちらにも、メモ。

1.平日(22:45から23:01)、FMアドベンチャー

2.金曜(6:00から11:31)TOKIO UNITED

3.平日(19:30から21:11)ベスト・オブ・クラシック

4.日曜(14:00から19:01)サンデー・クラシック

5.日曜(19:20から21:01)FMシンフォニーアワー

で、TOKIO・TOP100が録音できない。から、忘れるんだよなあ。。

1と2は、一回、聴くくらい。

3から5は、全部を、聴いているわけでなく、内容興味が有れば、聴くって感じです。

WMA形式なので、iPhoneでは、変換するのが面倒なので、

行き帰りの通勤時に、WMAを再生できるICレコーダーを使っています。

地下鉄なんで、ラジオの電波を拾えないですよね。


ワールドカップ1次予選の録画予定

サッカーのワールドカップがそろそろ。

で、仕事が有るから「生」では見れないし録画しないと。で、スカパーも映らないので、NHKを中心として。CM入るから、民間放送は、編集が面倒ですし。。。。

南ア・メキシコ・総合

ウルグアイ・フランス・BS1

アルヘン・ナイジェリア・BS1

イングランド・アメリカ・総合

セルビア・ガーナ・総合

オランダ・デンマーク・総合

スペイン・スイス・BS1

アルヘン・韓国・総合

ドイツ・セルビア・総合

ブラジウ・コートジボアール・総合

フランス・南ア・総合

ポルトガル・ブラジウ・BS1

NHK・ワールドカップ放送予定



グリーン・ゾーンvsハート・ロッカー

マット・デイモン主演によるグリーン・ゾーンを見てきました。GW中には、今年のオスカーを受賞したハート・ロッカーを見たので、イラク戦争を題材とした映画を連続したことになります。

戦争における爆弾処理を行う兵士を扱ったハート・ロッカーは、見方によっては、右翼的なアメリカ軍がから見た映画で、イラク戦争の大義ともいえる大量破壊兵器の有無を扱ったグリーンゾーンは、アメリカ軍自体の存在意義を問う映画がなだけに、体制批判となり、対照的な映画ともいえます。

映画ということで、エンターティメント色を出さないと観客の受けも悪いし。結果的ですが、どちらも興行的には失敗した作品ですが、もう一回見たいか?ということで比べると、グリーン・ゾーンです。オスカーを取っているとか、関係ありません。というのも、以前の記事のコメントでも書きましたが、イラク戦争の反戦デモに参加した(結果的にはイラク戦争に加担した日本政府を批判した)者としては、グリーン・ゾーンに軍配を上げてしまいます。その理由は単純です。ハート・ロッカーには、イラク側の視点が入っていないからです。アホな理由と言われそうですね。

グリーン・ゾーン(IMDB)

ハート・ロッカー(IMDB)

2010.05.15

チケット買えるのか(2010年VPO川崎公演)

VPO(ウィーンフィル)の2010年の内容が、次第に明らかに。

11月3日(文化の日)の川崎公演は、サロネンですって。

これは、いけたら、いきたい。

川崎公演は、11月5日金曜日)らしいから、無理だな。

て、買える値段なのか、このチケット

とれるのか、このチケット

  • ウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2010
  • エサ=ペッカ・サロネン指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 日  時:2010年11月5日(金)19:00開演(18:30開場)
  • 会  場:ミューザ川崎シンフォニーホール
  • 指  揮:エサ=ペッカ・サロネン
  • 管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 曲  目:マーラー:交響曲第9番 ニ長調
  • チケット一般発売日:2010年7月3日(土)
  • チケット料金:S \35,000  A \30,000  B \25,000  C \19,000  D \12,000
  • チケット問い合わせ先:ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200(10:00~18:00)
  • 主 催: ミューザ川崎シンフォニーホール(川崎市文化財団グループ)

ウィーン・フィルハー モニー ウィーク イン ジャパン 2010
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者決定・公演日変更のお知らせ

ちなみに

サントリーホールは、こちら

出演

指揮: エサ=ペッカ・サロネン
アンドリス・ネルソンス

管弦楽:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 

日時・曲目

2010年11月1日(月)19:00開演(18:20開場) 指揮:アンドリス・ネルソンス
モーツァルト:交響曲第33番 変ロ長調 K319
アンリ・トマジ:トロンボーン協奏曲(トロンボーン:ディートマル・キューブルベック)
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 B178「新世界より」

2010年11月9日(火)19:00開演(18:20開場) 指揮:エサ=ペッカ・サロネン
ワーグナー:楽劇『トリスタンとイゾルデ』から「前奏曲と愛の死」
ブルックナー:交響曲第6番 イ長調

2010年11月10日(水)19:00開演(18:20開場) 指揮:エサ=ペッカ・サロネン
マーラー:交響曲第9番 ニ長調

埼玉の川口は、こちら

11月12日(火曜日)19時

アンドリス・ネルソンス指揮ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

モーツァルト:交響曲第33番 変ロ長調K319
ハイドン:交響曲第103番 変ホ長調 Hob.Ⅰ-103 「太鼓連打」
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調B178「新世界より」

兵庫県の西宮は、こちら

11月6日(土曜日)の西宮は、サロネン

2010.05.11

CT撮ってきました

最近、頭痛が、多い。以前から、頭痛持ちだったが、なんだか、最近は、アスピリンが離せない状況だ。いまも、頭痛がする。。。あまりにも、アスピリンを使う頻度が、多くなってきたので、今日は、自宅の近所のクリニック(脳外科)で、見て貰った。

大病院とかだと、設備も整っているし、MRIとか、MDCT(マルチスライス64チャンネルCT)とかが、ありますけど、自宅の近所だと、サッカー日本代表監督だったイビッチャ・オシムさんが担ぎ込まれた大学病院へ行けばよいんですが、そういうところは、推薦状が必要ですし、元来、そういうところは、生死を一刻も争う人にこそ、必要なわけですから。本来、脳の検査には、CTとMRIの両方が必須なんですけど、医療費が高騰するから、検査に贅沢(無駄)も、いえません。

で、血圧を測って、問診の後に、近所のクリニックでも、CTがあったので、CTでも見て貰いました。CTでは、確実にわかるような症状が見られませんでしたが、痛み止め(ロキソニン)のほかに、就寝時に、頭痛の処方(肩こりからくる頭痛対策?でのミオナール)と安定剤(デパス)を処方されました。就寝時の薬は、安定剤があるので、常用は、よくないよなあ。それ以前に、安定剤を、アルコールとの同時摂取は、「ヤバイ」を通り越して、「危険」でしょう。

てなわけで、頭痛がするので、今日は、もうすぐ、寝ます。しばらく、「禁酒」です!

根源的な原因がつかめずなので、頭痛は続く気がします。

2010.05.09

楽器の点検会の予約

家にある楽器は、ときどき触るものばかりで、きちんとメンテナンスもしていないので、やばいと、思い続けています。昨日、たまたま、ピックを買いに隣町のシマムラに立ち寄り、カウンターで、支払をしていると、楽器の点検会が来月のなかばにあるとのチラシが、ありました。おもわず、このチラシに注目すると、店員さんの方から、詳しく説明しますから、カウンター・椅子が有るの方へと、案内されました。

内容は、点検自体は、無料で行うもので20分間の予約制で行う。全体調整(オクターブ、ネック、ねじなどの調整)は、5000円のところを、3000円だそうです。修理が必要と分かった場合には、1か月以内の申し込みには、2割引で行うそうです。まあ、パーツ代金は、おいといて、修理の人件費が2割引なのかな?と、思いました。それは、修理に出すときに、分かることだと思います

で、確認したところを、上げていきますと。
1)シマムラで購入した楽器以外も対象となる。
2)メーカーの工場出荷状態のまま、つまり、ノーマルではなく、明らかな改造が有るものでも対象となる。
3)点検時には、楽器本体だけでよく、シールドなどは、必要が無い。

わたしの持っている楽器で、点検に出そうと思っているものは、私のところに来ていらい、点検に出したことはないです。、まあ、音が出るから良いか?たいした、腕もないし、練習用だしと、思っていました。それ以前に、たぶん、分かっているだけで、私のところに来るだけで数人を渡り歩いたものです。もともと、年代物のプレミアムモデルでもなくスタンダードなものです。それ以前に、ネックとボディが合体した楽器なので、型番なんてあるわけでもなく、こういう機会に、今の状態で、何が良いか、悪いかを、見てもらう良いチャンスだと思いました。

肝心の点検の予約を。仕事の忙しさに忘れてしまうことが、一番のネックというか、大バカにならないようにしなくては。。。



こどもの日に「ポゴレリチ」のリサイタルに出かけた

こどもの日の5日に、サントリー・ホールで、2日前のラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンのソリストのリサイタルを聴きに行った。

まったく、こどもの日のプレゼントと言うには、とても、言えない代物だった。毒を抜くのに、えらくかかる。当日は、頭痛がしまくるなど、コンサート帰りでは、考えられないと、思った。

コンサートレビューに関しては、他のブログで、散々、書いてあることで、新鮮な内容も書けないので、まああ、しばらくは、このソリストのは、満腹です。

今日は、夕方から、図書館で借りてきた、ラトル&BPOのブラームスの交響曲全集ユジャ・ワンのソナタ&エチュードジャニーヌ・ヤンセンのデビュー・アルバムを聴きながら、これまた図書館で借りてきた、原宏一の小説「やっさん」を一気読み。昨年、秋に出版された本だが、グルメな方には、薦められる本です。小説を読んでいない人には、申し訳ないが、小説のネタバレですが、最後の「ありきたりな終わり方」が、毒抜くには、最適だった。



2010.05.04

専用のチューナーは、やっぱり便利です

ようやく、世間並みに、GWに入り、休みが取れた。忙しくて、ほったらかしにしていた楽器を取り出した。当然ですが、音程なんて、ぐっちゃ、ぐっちゃ。どうしよう。。と、おろおろ。

絶対音感があれば、音程なんて、すぐに、合いそうなんだけれども。昔の友人に、一緒に演奏しているときに、隣の楽器の音程が、狂っていると気になってしまって、ワザとでなくても、演奏の途中で、他人の楽器のチューニング!、いじくり始める、、、これって、そのいじくられる当人にとっては、良い迷惑、有難迷惑なんですが。。

で、話がそれましたが、狂いっぱなしの楽器では、あれだし、家にあるチューナーは、使えないことはないのですが。。。。。で、専用のを、一発奮起、して、買いました。

購入したのは、これ、コルグのGT-120

Index

感想ですが、なんて、チューニングが、楽なのって。。。

こういうの、昔からあった???

いや、音叉とか、調子笛(ピッチ・バルブ)とかが、主流の時代(大昔やなああ)に、針式の電子チューナーが出た時ぐらいで、便利だなあ。。と、大げさやね。

やっぱり、1弦から6弦まで開放で合わせられるのが、楽だあああ。あ、極楽。
これで、毎回、毎回のチューニングも、楽しくなりそうです。

高いけど、ストレス溜まらないから、便利っす。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンへ行きました。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010に、出かけました。場所は、人民大会議場と揶揄される東京国際フォーラムのホールAです。収容人員5000人というだけもあり、他のホールでは、考えられないくらいレッグ・スペースがたっぷりあり、つまり、座席自体も広いというホールでした。

P1020323

このイベントは、なかなかチケットが取れないために、以前、参加した際は、夜10時開始のがやっと取れたくらいでした。写真は、入口付近。

1時間のプログラムで、曲目は

エルスネル:交響曲 ハ長調 op.11
ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 op.21

イーヴォ・ポゴレリチ [ピアノ]
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ゲオルグ・チチナゼ [指揮]

1曲目の演奏時間が、30分だったため、2曲目が、45分でしたので、予定時間を、軽ーくオーバーしました。初めから、時間をオーバーするのですから、楽曲の構成を考えて行えば良いのに、と、思ったりもします。

公演時間が1時間で行われるラ・フォル・ジュルネで、アンコールがありました。

ピアノ協奏曲の第2楽章を、まるまる、アンコール演奏だったために、15分でした。

ピアノ協奏曲のアンコールで、ソリストの単独ではなく、オーケストラを含めてのものは、最近では、あまり経験が無かった。たいていの場合は、オーケストラが主催となるものに、ゲストとして呼ばれているために、ソリストが単独で行うものがホトンドですが、こういった経験は、あまりないので、新鮮でした。

同じ時間帯で、NHK-FMラジオの「今日は一日マルマル三昧」でも、このイヴェントに関連した番組を放送していたようです。ソリストが、出演予定だったそうでうが、急遽キャンセルに、なったようです。

※ゲスト出演予定でした、イーヴォ・ポゴレリチさんと小菅優さんは、都合により出演できなくなりました。

前半の演奏の際に、偶然かも知れないが、ちょうど両隣の方が、ふたりとも、ゆっくりお休みだった。でも、何故か、前半の演奏後の拍手で、ムックリと起き上がるのには、すこし、驚いてしまった。と、いうか、私も、あまり、聴いたこともない作曲家の曲なので、眠かったので、あまり、大きなことは、言えませんが。

ピアニストが登場した後に、会場に向かって礼をしたあとで、5000人の客席が埋まっているのをマジマジと見つめていた。有名なピアニストでも、あれだけのお客さんの入った人数のホールでの経験は、あまり無いのではなかろうか?

演奏自体は、予想通りの部分と、そうでない部分が、有りました。スピードが遅い、ということを、周りの席で言っている人が多かったです。ソリストが単独の部分では、遅いでうが、オーケストラと一緒の部分では、普通に戻るので、緩急(本来の意味とは違うかもしれませんが)がありました。

指揮者の方は、テンポが取れないソリストの割には、どうにかこうにか、ソリストに合わせていました。こういうのは、プロだなあ、と、感心しました。

先月末のフィラデルフィアとの共演の際には、オーケストラ側で、演奏後にソリストに対して拍手する人が、ホトンド居なかったそうですが、私が聴いた演奏では、まばらでした。

NHKのハイビジョンカメラが会場には、設置されていましたが、演奏中には、カメラマンが居なかったので、TVの収録は無かったようです。

演奏後に、ブラボーの声を出す人が、多いなあと、感じました。このソリストは、こんなに、人気があったのか?と、勘違いしそうになりましたが、ラ・フォル・ジョル・ネ・ジャパンは「熱狂の日」のという副題が付いているのは、こういったことからなのでしょうね。

公式サイトの記事は、こちら


« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ