« 欧州便、19日朝の状況 | トップページ | 専用のチューナーは、やっぱり便利です »

2010.05.04

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンへ行きました。

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン2010に、出かけました。場所は、人民大会議場と揶揄される東京国際フォーラムのホールAです。収容人員5000人というだけもあり、他のホールでは、考えられないくらいレッグ・スペースがたっぷりあり、つまり、座席自体も広いというホールでした。

P1020323

このイベントは、なかなかチケットが取れないために、以前、参加した際は、夜10時開始のがやっと取れたくらいでした。写真は、入口付近。

1時間のプログラムで、曲目は

エルスネル:交響曲 ハ長調 op.11
ショパン:ピアノ協奏曲第2番 ヘ短調 op.21

イーヴォ・ポゴレリチ [ピアノ]
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ゲオルグ・チチナゼ [指揮]

1曲目の演奏時間が、30分だったため、2曲目が、45分でしたので、予定時間を、軽ーくオーバーしました。初めから、時間をオーバーするのですから、楽曲の構成を考えて行えば良いのに、と、思ったりもします。

公演時間が1時間で行われるラ・フォル・ジュルネで、アンコールがありました。

ピアノ協奏曲の第2楽章を、まるまる、アンコール演奏だったために、15分でした。

ピアノ協奏曲のアンコールで、ソリストの単独ではなく、オーケストラを含めてのものは、最近では、あまり経験が無かった。たいていの場合は、オーケストラが主催となるものに、ゲストとして呼ばれているために、ソリストが単独で行うものがホトンドですが、こういった経験は、あまりないので、新鮮でした。

同じ時間帯で、NHK-FMラジオの「今日は一日マルマル三昧」でも、このイヴェントに関連した番組を放送していたようです。ソリストが、出演予定だったそうでうが、急遽キャンセルに、なったようです。

※ゲスト出演予定でした、イーヴォ・ポゴレリチさんと小菅優さんは、都合により出演できなくなりました。

前半の演奏の際に、偶然かも知れないが、ちょうど両隣の方が、ふたりとも、ゆっくりお休みだった。でも、何故か、前半の演奏後の拍手で、ムックリと起き上がるのには、すこし、驚いてしまった。と、いうか、私も、あまり、聴いたこともない作曲家の曲なので、眠かったので、あまり、大きなことは、言えませんが。

ピアニストが登場した後に、会場に向かって礼をしたあとで、5000人の客席が埋まっているのをマジマジと見つめていた。有名なピアニストでも、あれだけのお客さんの入った人数のホールでの経験は、あまり無いのではなかろうか?

演奏自体は、予想通りの部分と、そうでない部分が、有りました。スピードが遅い、ということを、周りの席で言っている人が多かったです。ソリストが単独の部分では、遅いでうが、オーケストラと一緒の部分では、普通に戻るので、緩急(本来の意味とは違うかもしれませんが)がありました。

指揮者の方は、テンポが取れないソリストの割には、どうにかこうにか、ソリストに合わせていました。こういうのは、プロだなあ、と、感心しました。

先月末のフィラデルフィアとの共演の際には、オーケストラ側で、演奏後にソリストに対して拍手する人が、ホトンド居なかったそうですが、私が聴いた演奏では、まばらでした。

NHKのハイビジョンカメラが会場には、設置されていましたが、演奏中には、カメラマンが居なかったので、TVの収録は無かったようです。

演奏後に、ブラボーの声を出す人が、多いなあと、感じました。このソリストは、こんなに、人気があったのか?と、勘違いしそうになりましたが、ラ・フォル・ジョル・ネ・ジャパンは「熱狂の日」のという副題が付いているのは、こういったことからなのでしょうね。

公式サイトの記事は、こちら


« 欧州便、19日朝の状況 | トップページ | 専用のチューナーは、やっぱり便利です »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/48262446

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンへ行きました。:

« 欧州便、19日朝の状況 | トップページ | 専用のチューナーは、やっぱり便利です »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ