« アンプのチューナーの設定を変更しました | トップページ | サロネン・フィルハーモニアの雑感 »

2010.05.30

北野 幸伯さんの「国家の気概」を読んでいます

RPE Journalで、ロシアから見た日本という観点で日本の未来を危惧して
いる国際アナリストの北野 幸伯(きたの・よしのり)さんの新作は、
電子書籍、それも、携帯のみでの「電子書籍」のみでの出版。
ビジネス書で、携帯のみっていうのもすごいよね。
と、思いつつ。
とりあえず、読んでいますが。
これが、章ごとのダウンロード。。。
って、高くないか?アマゾンのキンドルとかでまとめて配信して欲しい。

北野さんの前作の感想は、こちら
「隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?」を読み終える: ダイビングと旅行

ま、それは、ともかく。以下は、引用です。

1章の内容は

・人類はどこへむかうのか?

・「自由」「平等」への原動力

・国家ライフサイクル

・選ばれし国

・東洋の楽園 ~ 選ばれし国への準備

・ペリー来航と日本人の気概

・奇跡の明治維新

・江華島事件

・日清戦争

・日ロ戦争

・第一次大戦の勝利と暗転

・第二次世界大戦

・世界の経済大国

2章の内容は、

・歴史が「自由」「平等」にむかうメカニズム

・アメリカは、なぜ「民主主義国」になったのか?

・スミス対マルクス

・マルクス対ケインズ

・なぜ植民地はなくなった?

・冷戦の開始

・アメリカの自信喪失

・中国・朝鮮の代理戦争

・ケネディの焦り

・ベトナム戦争

・グレート・ソサエティ

・アメリカ「暗黒の10年」

・救いはアジアから

・冷戦の終わり

といことです。

北野幸伯の公式ホームページ

« アンプのチューナーの設定を変更しました | トップページ | サロネン・フィルハーモニアの雑感 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/48497567

この記事へのトラックバック一覧です: 北野 幸伯さんの「国家の気概」を読んでいます:

« アンプのチューナーの設定を変更しました | トップページ | サロネン・フィルハーモニアの雑感 »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ