« 2010年サッカーワールドカップの決勝トーナメントの予想なんて懲りずに書いてみる | トップページ | 2010年のベスト4での勝敗を性懲りもなく書いてみる »

2010.07.04

「変わる日本の難民受け入れと地域社会」へ参加しました

サポータになっていることもあり、ここ一年の動向を踏まえて、JARの「変わる日本の難民受け入れと地域社会 ~米国における自治体とNPOの協働に学ぶ~」へ昨日参加しました。

私は、すでにこのJARの有料セミナーに参加している(これはこの記事参照)なので、忘れてしまったこと、知っていることを、知らないことを、再度、確かめる用件もありました。

焦点は、9月から始まる政府決定事項(内閣官房決定)の3年にまたがって施行される「第三国定住」に関してですし、今回のテーマでは、地域社会での関わり方という部分です。

過去に日本で行われた大規模な難民や難民に該当する受け入れは、1)1979年からのインドシナ難民の受け入れ(家族も含めて1万人以上)、2)中国残留孤児の受け入れ(家族を含めて2万人以上)が、あげられます。

インドシナ難民は、分からないというひとが多いかもしれませんが、中国残留孤児という言葉は、TV番組(山崎豊子原作:大地の子、城戸久枝原作:遥かなる絆)などもあり、どこかで、聞いたことが有るという人も、多いではないでしょうか。

政府決定の「第3国定住」は、毎年30名を3年間、パイロットケースとして受け入れます。半年間の日本語教育、職業研修などがつくようです。これだけで、十分であるかどうかは、疑問が有ります。

財源もなく、バラマキを行い、未来への科学時術支援やスポーツ・文化面へ支援の凍結、消費税を上げたり(予定ですが)など、ちぐはぐな政策を取られる中で、人道支援とはいえ外国人よりも、日本人への支援を、と訴えている人が多いなかでのこういった活動へ参加することへは、賛同よりも、批判が集まる昨今です。

セミナーの中で参照されていた愛知県豊田市の「世界に開かれた国際都市」のビジョン(PDF)。これは、トヨタからの1億円の活動資金援助が有った模様です。

日本での難民に関する組織の構図が、分かりにくいので、動きをまとめますと、

1)難民であるかどうかの基本定義(国連難民高等弁務官事務所、UNHCR

2)その難民への、第三国定住への実施(移送)(国際移住機関、IOM

3)国内での教育等の実施(財団法人アジア福祉教育財団、概要

4)その他、日本国内での難民へのアフターケア含めて雑用、どろくさいところ全般(難民支援協会、JAR

ちょっと、今は、まとまりが有りませんが、少しづつ、折を見て、触れていきたいと思います。


« 2010年サッカーワールドカップの決勝トーナメントの予想なんて懲りずに書いてみる | トップページ | 2010年のベスト4での勝敗を性懲りもなく書いてみる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/48794963

この記事へのトラックバック一覧です: 「変わる日本の難民受け入れと地域社会」へ参加しました:

« 2010年サッカーワールドカップの決勝トーナメントの予想なんて懲りずに書いてみる | トップページ | 2010年のベスト4での勝敗を性懲りもなく書いてみる »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ