« 本の管理を試しています | トップページ | クロスエアー2010の雑感 (CROSSAir2010(Vol.5) 『時空を超えて- Beyond the Time-Spece -』) »

2010.08.18

Jリーグが折り返したところで、個人的な雑感

今シーズンのJリーグも折り返して、出身地を活動拠点としているJ1で一番の低予算チームのモテディオが、しぶとい。昨年の様な序盤の「まぐれ」は無いが、今のところ、勝ち点での順位は、YAHOOのサイトなどを参照すれば、真ん中あたりだ。

でも、これで安泰という訳でない。実は、

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
順位チーム名勝点試合数勝数引分数敗数得点失点得失点差
2鹿島アントラーズ 36191063331914
3清水エスパルス 36191063392712
1名古屋グランパス 38181224301911
7セレッソ大阪 3018864281711
5ガンバ大阪 3119874352510
6アルビレックス新潟 311987428217
4川崎フロンターレ 321895429245
8横浜F・マリノス 281984723212
11浦和レッズ 241973926242
12FC東京 201848620191
10サンフレッチェ広島 26187562022-2
14大宮アルディージャ 18184681519-4
9モンテディオ山形 27198381723-6
13ヴィッセル神戸 19185491926-7
15ジュビロ磐田 18184681725-8
16ベガルタ仙台 151936102132-11
17湘南ベルマーレ 131834111835-17
18京都サンガF.C. 101824121535-20

こういうことだ。勝ち点では27で、9位だが、得失点差では13位のー6。これでは14位、15位との差など有ってないようなものだ。最後になって、勝ち点が同一の場合には、J1に残れるのは、特質点差など、良くある話で、これは、得点力不足という、まるで日本代表の様な欠点が直らない限りは、なかなか上にいけないのと、同じこと。

とにかく、いまは、頑張ってもらって、秋になれば、降格を争う関東のチームとのアウェイ戦が増えるので、スタジアム通いが続くのだろうな。

« 本の管理を試しています | トップページ | クロスエアー2010の雑感 (CROSSAir2010(Vol.5) 『時空を超えて- Beyond the Time-Spece -』) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/49182693

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグが折り返したところで、個人的な雑感:

« 本の管理を試しています | トップページ | クロスエアー2010の雑感 (CROSSAir2010(Vol.5) 『時空を超えて- Beyond the Time-Spece -』) »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ