« 「響きの森クラシック・シリーズ」の雑感 | トップページ | EX490の再セットアップメモ »

2011.02.12

ベートーヴェン+ Vol.3 小川典子 ピアノ・リサイタル の雑感

建国記念の日に、ミューザ川崎に、小川典子のリサイタルに行きました。ミゾレ混じりの天気で、電車が止まらないかヒラヒヤでしたけれど。

実力があるけれども、人気が伴わないコンサート。ミューザ川崎が2000人のキャパだけれども、入場しているのは5から600人と、かなり寂しい。指定席だけれども、後半になって、空いている席に移ってる人がいたりするくらいです。

Img_0598_3

肝心の演奏です。3年連続でのベートーヴェンのソナタ+菅野由弘の新作を演奏する内容です。
前半は、「虹」のサブタイトルが付く通り、クラシックコンサートらしくなく、照明を使った演出があります。それほど派手派手ではないです。演出的には、昨年のほうがあるかな。
慣れない「歌舞伎オルゴール」という打楽器(ベル)をスティックを使うためか、一度、ミスったようなところもあったけど、ミスタッチということですね。

後半は、ピアノソナタ。32番作品111が印象に残りました。

アンコールは無し。その代わりに、サイン会がありました。

来年は、ここ数年は建国記念日に開催していたこのコンサートシリーズも2012年2月25日(土曜日)にドビュッシー生誕150年記念で前奏曲第1集と第2集を行うようです。


Image_main1

プログラムセットリスト

菅野由弘:「ピアノの粒子」3部作 第3弾 「虹の粒子」…ピアノと歌舞伎オルゴールのための
小川典子・ミューザ川崎シンフォニーホール共同委嘱作品、世界初演

ー休憩ー

《ベートーヴェン後期ピアノソナタ3曲!》
ピアノ・ソナタ 第30番 作品109
ピアノ・ソナタ 第31番 作品110
ピアノ・ソナタ 第32番 作品111


« 「響きの森クラシック・シリーズ」の雑感 | トップページ | EX490の再セットアップメモ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16094/50845475

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェン+ Vol.3 小川典子 ピアノ・リサイタル の雑感:

« 「響きの森クラシック・シリーズ」の雑感 | トップページ | EX490の再セットアップメモ »

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ