グルメ・クッキング

2009.07.26

暑い夏に、赤ワイン!?

格安とかで、ワインを、買ってしまって、後悔した。などというのは、最近では、良くありますね。

Donsimonclassvarietals

特売で、購入されたこともあると思いますが、巷で話題となった、ペットボトル入り、ドンシモンのワインです。値段の割には、美味しいので、手軽に、頂けます。ところで、ドンシモンといえば、ジュースだろ!?と、言われそうですね。新宿のワインショップ「やまや」さんでは、100円で売っていますね。

夏になると、赤ワインは、なかなか手が出しにくい、ビール!ということも、多いかと思います。高価なワインではなく、手軽なワインで、作るのが、ベラーノ(正確には、ティント・デ・ベラーノ)という、飲み方です。

氷を入れたグラス、ワインを注ぎ、そこに、手軽に購入可能な、レモン味のファンタ・ゼロを加えます。赤ワインを、ガブガブ飲めるようになります。でも、アルコール度数は、一緒ですから、飲みすぎには、注意してくださいね。

2009.07.11

パプリカのマリネ

フランス語の先生からの郵便物がポストに届いていた。中身は、薬草(ハーブミックス)のようで、プロヴァンス・ハープというそうな。どんなの?と、思うかたは、こちらを、クリック。リンク先に、端的に説明があり、助かります。そのサイトの文章が印象的だったので、勝手に引用します。
P1010927

男の料理を主婦から見ると
1.値段に糸目を付けず高い食材を惜しみなく使う
2.食材の良いところだけ使って、食べれられるところを豪快に捨ててしまう
3.普段家で食べてない変わった料理にチャレンジしたがる
4.味に関係ないプロセスにまでこだわったマニアックな調理をする
5.独りよがりで個性的な味付けをする(たいて不味い)
6.作るだけで後かたづけををしない

写真のようなマリネ(マリーナード、マリネート,marinede)、スペイン語だと、エスカベチェ(Escabeche)だそうですが、発音が違いますね。

で、フランス語の先生に教わったレシピを、かなりアレンジしました。
教わった通りに、作らないと、怒るかな?。。。と、気にしない、気にしない、マイペンライ(タイ語)

材料(値段に、糸目を・・・・・)
パプリカ(3種類の赤、黄色、オレンジ)・・・・近所のスーパーで韓国産が1個百円くらいを狙い目
ピーマン・・・パプリカと色違いということで
冷凍のエビ・・・大安売りを狙ったもので
イカ・・・スーパーの見切り品、加熱処理用

フレンチソース(漬汁だと思うのだが)
マスタード・・・・冷蔵庫の在庫が切れていましたし、さらに、買い忘れました!
白系のワインビネガー・・・ブランドは、何でも、良いと思う
レモン汁・・・・100%の瓶入りで絞ったもので、十分です
オリーブオイル・・・・バルサミコとかの高級品だと美味しいらしいが、これも、特売品を
ハーブミックス・・これが、秘訣だそうです、なければ、ローリエとか、パセリを散らすとか
おろし生ニンニク・・・・スーパーで売っている100円のチューブ入り
塩(クレイジーソルト)
胡椒(クライジーペッパー)

玉ねぎを加えるのも、ありかな。。

作り方

その1
パプリカの表面を、オーブントースターか、ガスコンロの直火で、表面が黒くなるまで、焼いて、皮をむきます。
ーー>夏の暑い時期に、ガス台の前で、というのは、つらいし。面倒だと、おもうけれども、これが、秘訣らしい。甘味が出るそうです。

その2
焼いたパプリカの皮を、冷水で冷やしてから、ムキます。表面の皮を、うまく焼けるくらいになれば、OKらしいですが。。。面倒になったので、途中で、挫折しました。

その3
ヘタとタネをとって、適当に切ります。ピーマンも同様。

その4
冷凍エビ、イカとかも、レンジで加熱しておきます。

その5
フレンチソースに、以上のものをいれて、漬け込みます。

だいたい、半日くらい漬け込むと、食べられました。冷蔵庫で保存すれば、3~4日くらいは、食べられるみたいだから、最初のパプリカの皮むきが面倒な方は、皮をムカないでも良いかもしれませんが、甘味が違いますね。

2009.07.02

この料理の名前を、知っている方は、いらっしゃいますか?

名前が分かりません。けれども、何か有る気も足ます。

単に、忘れただけかもしれません。


P1010916

材料

豚肉のブロック(アメリカ産は、安いです)のブッチギリ
玉ねぎ、これも、ブッチギリ
ニンニク
トマト缶詰め
白ワイン
塩、コショウなど。

油を引いた、厚手の鍋で、豚肉を、油で、表面を炒めます。

そこに、すり潰したニンニクと、白ワインに、トマトの缶詰を加えます。

トマトは、鍋で、すり潰しても、あらかじめ、ミキサーで、つぶしても、OK

塩と、コショウを加えて、味を、調整します。

火加減は、弱火で、トロトロ煮込みます。

納得がいくくらい、煮込んだだら、出来上がり!

写真ですが、只今、煮込み中です!

2009.05.12

エビ・パエリアを作ってみました

冷蔵庫のありあわせ(冷凍食品)と、野菜で、パエリアを作ってみました。

P5128700

水加減が、難しい。ちょっと、目を離したら、鍋から吹きこぼれ出て、ガス台が、。。。。。

材料
冷凍食品の海老、パプリカ、ピーマン、オリーブ、ニンニク、ってことです

パエリアの、細かい作り方は、以前も書きましたので、かつあいします

最後の仕上げに、クレイジーソルトを、ぶちかけました。もう、手抜き料理の真骨頂!

2009.05.10

ナポリタンを作ってみました

午前中、TVのチャンネルを、ごちゃごちゃと、いじっていたら、ナポリンタンのレシピをやっていた。

P5108696

ふーん、って、感じで。そういやあ。ナポリタンって、どうやって、作るんだっけ?と、覚えてもいません。改めて、みていると、なるほどね。「男子ごはん」というくらいですから、細かい部分(実は、肝心な部分!?)は、気にせずに、ポイントだけを、抑えて(アルデンテに茹でないこと)、お昼ごはんに、作りました。

でも、なんか、違うんだけど。焼きそば、見たいな、色だなあ。ケチャップらしさの赤みが、見当たらない。まあ、おしいく作れたから、良しとしよう。

材料(冷蔵庫にあった残り物)
玉ねぎ、ニンニク、ブロッコリーの茎、三つ葉、パスタ、ケチャップ、粉チーズ

作り方
パスタを、アルデンテでなくて、しっかりと、塩ゆでします
オイルにバターを溶かして、ニンニクと玉ねぎを炒めます
千切りにした、ブロッコリーの茎を、加えて、さらに、三つ葉を加えます
塩と、コショウで味付け
適当にケチャップを絡めます
パスタを混ぜて、粉チーズを、かけて出来上がり

で、番組の作り方

■小林家のナポリタン(2人分)  スパゲッティー:150g、ハム:3枚  ピーマン:1個、玉ネギ:小1/2個  スライスマッシュルーム:小1缶(45g)  卵:2個、ケチャップ:大さじ4  サラダ油:適宜、バター:大さじ1/2  粉チーズ:適宜  塩・砂糖・こしょう:各適宜

■小林家のナポリタン [ 作り方 ]
1、ピーマンは縦細切りにし、玉ネギは縦5mm厚さの薄切りにする。ハムは1cm弱幅に切り、マッシュルームは缶汁をきる。
2、スパゲッティーは袋の表示時間より1分長めに茹でる。茹であがったら水けをきってボウルに入れ、サラダ油少々を加えてまぶし、少し置いておく。
3、フライパンを熱してサラダ油とバターをひき、玉ネギを中火で炒める。しんなりしたらハム、ピーマン、マッシュルームを加えて強火で炒める。
4、ピーマンが少ししんなりしたらケチャップを加えて炒め合せ、なじんだら火を止めて水気をきった2を加えて具材と混ぜ合わせる。
5、全体が混ざったら粉チーズ大さじ2を加えてザッと混ぜる。味をみて足りなければ塩、こしょうを加えて味をととのえる。
6、卵をボウルに入れ塩、砂糖(各適宜)を加え混ぜ合わせる。
フライパンの端から中心に向かって卵液を流し入れて、中火で卵が好みの固さに固まるまで加熱する。
7、フライパンより一回り小さい皿を上からかぶせ、エイッとひっくり返して取り出す。器に盛って好みで粉チーズをかける。

2009.05.04

ポルトガル風タコのリゾットを作ってみました

料理で世界征服を目指す訳ではありませんが、なんとなく、世界を食いつくす!シリーズになっている。
まあ、下手な鉄砲、数を打てば当たる!ということで、懲りずに、またしても、チャレンジ!

P5047937

リゾットに丁度良い皿が無い。。。。丼ぶりに、入れました。ちょっと、この丼ぶりが、でかい!

材料
生タコ(パック入りのタコ)
ワイン
タマネギ
ニンニク
オリーブオイル

【作り方】
1・タコを洗い、ワインを入れて煮る。柔らかくなったら、煮た後、タコを食べやすい大きさに切る。
ちょうど、一昨日、スーパーで買った特売の白ワイン!これが、まずい!さすがに、1本390円の輸入ワイン!ということで、調理用に!ポイントは、タコの煮汁は取っておきます。

2・フライパンにニンニク、玉ねぎ、オリーブオイルをいれ、弱火で炒め、切ったタコを加え、塩、胡椒で味付けをします。

3・タコの煮汁と水を合わせてヒタヒタになるように水を準備し、大きめの鍋で沸騰させる。ここに2で作った具材を入れ、お米を足し、弱火で煮れば完成!!


なんとなく、写真の出来が、いまいち!と、いう感じですが、味も、ちょっと、米が硬かったです。水の量が少なかったかな?ワインで煮ている感じだったので、水が少なかったのでしょう。それを、除けば、初めてにしては、良い出来でした。

2009.05.02

フェジョアーダを、作ってみました

節約、節約と、いいつつ、スーパーに行って、食材を買っている。外食で、松屋とかでカレーを食したほうが安上がりのような、最近は、そんな気がします。まあ、2回分に分けて、冷蔵庫にフリージングするので、まあ、おんなじくらいでしょうか・。

P5027931

前置きが長いですが、ポルトガル料理の「フェジョアーダ」です。ポルトガル圏、つまり、ブラジル、アンゴラ、東ティモールでも、いただけますが、ブラジルの国民食!と、言っても、間違いないようです。

材料
豚バラ(カレー用)
黒インゲン豆(なかったら、レッドキニー・ビーンズなどの缶詰でOK)
ニンニク、
玉ねぎ
カリカリに焼いたベーコン

作り方
1)ニンニクを、みじん切りにして、バターで炒めます
2)玉ねぎのみじん切りを加えて炒めます
3)豚肉と、豆を加えて、水を750ccくらい加えて、とろ火で、水分がなくなるまで、とろとろになるまで、30分以上煮込みます
4)豆が柔らかくなったら、カリカリに、痛めたベーコンを加えてます。

味付けは、塩、コショウと、いたってシンプル。肉や豆、そのものの味と、ニンニクなどの味付けがメインです。

ご飯に添えていただきます。ジャポニカ米よりも、インディカ米のほうが、合うと思います。

写真の「ご飯」に、黒っぽいところがありますが、土鍋で炊いていますので、こげちゃうんです(開き直ってます)

完熟バナナのパフェ

バナナを扱った商品がコンビニのローソンから発売されるそうです。バナナの消費量が、5月に一番売れるからだそうです。が、でも、なんで、GWも終わる5月5日からなのでしょうか?紫外線の量が、一番多いからでしょうか?

News_1615_1

【ダイエットで注目!バナナパワー】

 バナナは栄養価が高く消化吸収がよいという特徴があり、「朝バナナダイエット」で一気に注目が高まりました。また、果物としての人気も高く、年間を通して大量に消費されています。その中でも5月は特に消費量が増加します。

 バナナを食べたくなるこの時期にあわせて、ゴールデンウィークのちょっとしたおもてなしやデザートにぴったりな商品を3種類揃えました。

【商品概要】

▼完熟バナナのパフェ 375円(税込) 5月5日(火)発売

▼完熟バナナシュー 125円(税込) 5月5日(火)発売

▼まるでチョコバナナパン 135円(税込) 5月12日(火)発売

バナナを使った商品が3種類登場!(ローソン・ニュース)

2009.04.22

アドボを、初めて、作ってみました

また、マニアックな料理で、すみませんが、アドボです。これからの季節、暑くなるシーズンにピッタリの煮込み料理!って、たまに見に来る、読者の皆さまから、書き込みがないけど、罵声が飛ぶような。。。

P4226455

これ、フィリッピンの家庭料理です。フィリッピンは、まあ、海外滞在中は、お世話になりましたし、ダイビングとかもあるし、熱帯のお国柄で、一年中夏バテの国の料理ですから、夏に合うと思います。と、いうのも、酢を使うからです。

アドボとは、スペイン語で、マリネ(漬け込む)という意味らしい。あらかじめ、漬け込んでおいてから、煮るらしいですが、そうすると、味の染み込みとカあるから、難しいそうだ。

材料
鶏肉とか、豚肉のブロック(塊)です。特売品で、十分です。
玉ねぎ(半分)
にんにく
醤油(ナンプラー)1/3カップ
お酢1/6カップ
ゆで卵

P4226456

作り方
1.にんにくを、適用に切る
2.肉も、適当に切る   (いいかげんだなあ。)
3.玉ねぎも、適当に切る
4.上記を鍋に入れて、醤油、酢、とか、加えて、弱火で、とろとろと、煮込みます。
5.お肉が、柔らかくなったら、ゆで卵を、加えて、出来上がり!って、卵が、冷蔵庫に、なかった。。

おいおい、と、いうくらいの大雑把ですが。まあ、そんなもんですよ。厚手の鍋がないから、土鍋が、重宝します。

これに、今回は、生姜、調味料に、日本酒を加えました。ほとんど、日本酒で煮込んだ感じですね。

ついでに作った、パエリアは、ちょっと、水加減が、少なかったので、ちょっと、失敗かな。。

2009.03.08

海老パスタ

P3086283 大量に買い付けたエビ!、と、言っても、冷凍モノです

1キログラム位。2000円弱です。かなり大量ですね。

材料

マッシュルーム、エビ、ニンニク、オリーブオイル

冷凍ものを、ボイルしました。生ではないから、味はそれなり。

基本的には、オイルパスタなので、パスタの塩、と、コショウくらいです。

すこし、パサパサ感があるのですが、もう少し、工夫が必要かな。

工夫と言えば、この写真、ずいぶんと、モヤーーーとしているよな。

それこそ、クッキリ感が足りない。工夫がまだまだです

より以前の記事一覧

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ