スポーツ

2014.02.16

Jリーグの関東周辺のスタジアム一覧

Jリーグの関東周辺のスタジアム一覧です

2013.11.21

FIFARANKING201310

ワールドカップ2014ブラジル大会の予選、大陸間プレイオフなども終わって、出場国が出そろいました。2013年12月6日午後1時(ブラジル時間。日本時間では12月7日午前1時)には、本当の組み合わせも、わかりますが、ここで、一足早い、組み合わせと、大胆な、決勝トーナメントから、決勝までの、なんの根拠もなく、シュミレーションしてみます。遊びですので、ナマ・ぬるーい目で、見守りください。

開催国のブラジルと、2013年10月のFIFAランキングにより、7か国には、シード権が与えられます。8か国は、グループリーグでの直接対戦は、避けられるようになります。

 

地域 ランキング2013年10月 シード権 ボット グループ
欧州 スペイン 1 獲得 ボット1 グループB
欧州 ドイツ 2 獲得 ボット1 グループC
南米 アルゼンチン 3 獲得 ボット1 グループD
南米 コロンビア 4 獲得 ボット1 グループE
欧州 ベルギー 5 獲得 ボット1 グループF
南米 ウルグアイ 6 獲得 ボット1 グループG
欧州 スイス 7 獲得 ボット1 グループH
欧州 オランダ 8   ボット2 グループB
欧州 イタリア 9   ボット2 グループC
欧州 イングランド 10   ボット2 グループD
南米 ブラジル 11 獲得 ボット1 グループA
南米 チリ 12   ボット3 グループB
北中米 アメリカ 13   ボット4 グループF
欧州 ポルトガル 14   ボット2 グループE
欧州 ギリシャ 15   ボット2 グループF
欧州 ボスニア・ヘルツェゴビナ 16   ボット2 グループG
アフリカ コートジボワール 17   ボット3 グループE
欧州 クロアチア 18   ボット2 グループH
欧州 ロシア 19   ボット2 グループA
欧州 フランス 21   ボット3 グループD
南米 エクアドル 22   ボット3 グループC
アフリカ ガーナ 23   ボット3 グループF
北中米 メキシコ 24   ボット4 グループG
北中米 コスタリカ 31   ボット4 グループH
アフリカ アルジェリア 32   ボット3 グループG
アフリカ ナイジェリア 33   ボット3 グループH
北中米 ホンジュラス 34   ボット4 グループA
アジア 日本 44   ボット4 グループB
アジア イラン 49   ボット4 グループC
アジア 韓国 56   ボット4 グループD
アジア オーストラリア 57   ボット4 グループE
アフリカ カメルーン 59   ボット3 グループA

以上のように、FIFAランキングをベースに、予選となるラウンドロビンのグループを振り分けてみました。

 

ラウンドロビン

グループA

予選結果 勝点 予選順位
ブラジル 3勝0分0敗 9 1位通過
ロシア 2勝0分1敗 6 2位通過
カメルーン 1勝0分2敗 3  
ホンジュラス 0勝0分3敗 0  

第1試合
ブラジウ     2 - 0     カメルーン
ロシア     1 - 0     ホンジュラス

第2試合
ブラジウ     1 - 0     ロシア
ホンジュラス     1 - 2     カメルーン

第3試合
カメルーン     1 - 3     ロシア
ホンジュラス     1 - 2     ブラジウ

グループB

予選結果 勝点 予選順位
スペイン 3勝0分0敗 9 1位通過
日本 1勝1分1敗 4 2位通過
オランダ 1勝0分2敗 3  
チリ 0勝1分2敗 1  

第1試合
チリ    2 - 2    日本
オランダ    1 - 2    スペイン

第2試合
日本    2 - 1    オランダ
スペイン    2 - 0    チリ

第3試合
スペイン    4 - 1    日本
オランダ    2 - 1    チリ

グループC

予選結果 勝点 予選順位
ドイツ 2勝0分1敗 6 1位通過
イタリア 2勝0分1敗 6 2位通過
エクアドル 1勝1分1敗 4  
イラン 0勝1分2敗 1  

第1試合
イラン    0 - 1    イタリア
ドイツ    0 - 1    エクアドル

第2試合
イタリア    1 - 0    エクアドル
ドイツ    2 - 0    イラン

第3試合
イタリア    1 - 2    ドイツ
エクアドル    0 - 0    イラン

グループD

予選結果 勝点 予選順位
アルゼンチン 1勝2分0敗 5 1位通過
イングランド 1勝2分0敗 5 2位通過
フランス 1勝1分1敗 4  
韓国 0勝1分2敗 1  

第1試合
フランス    0 - 1    イングランド
アルヘン    1 - 0    韓国

第2試合
フランス    2 - 2    アルヘン
イングランド    0 - 0    韓国

第3試合
イングランド    1 - 1    アルヘン
韓国    0 - 1    フランス

グループE

予選結果 勝点 予選順位
コロンビア 2勝1分0敗 7 1位通過
ポルトガル 1勝2分0敗 5 2位通過
コートジボワール 1勝1分1敗 4  
オーストラリア 0勝0分3敗 0  

第1試合
コートジボワール    0 - 0    ポルトガル
コロンビア    2 - 1    オーストラリア

第2試合
コロンビア    3 - 1    コートジボワール
ポルトガル    2 - 0    オーストラリア

第3試合
ポルトガル    0 - 0    コロンビア
オーストラリア    0 - 3    コートジボワール

グループF

予選結果 勝点 予選順位
ギリシャ 1勝2分0敗 5 1位通過
ベルギー 1勝1分1敗 4 2位通過
ガーナ 0勝3分0敗 3  
アメリカ 0勝2分1敗 2  

第1試合
アメリカ     1 - 1    ギリシャ
ガーナ     1 - 1    ベルギー

第2試合
ベルギー    0 - 2    ギリシャ
アメリカ    1 - 1    ガーナ

第3試合
ベルギー    3 - 2    アメリカ
ギリシャ    0 - 0    ガーナ

グループG

予選結果 勝点 予選順位
ボスニア・ヘルツェゴビナ 2勝0分1敗 6 1位通過
ウルグアイ 1勝1分1敗 4 2位通過
アルジェリア 1勝1分1敗 4  
メキシコ 1勝0分2敗 3  

第1試合
メキシコ     0 - 1    ウルグアイ
ボスニア・ヘルツェゴビナ     4 - 0    アルジェリア

第2試合
ボスニア・ヘルツェゴビナ     0 - 1    メキシコ
ウルグアイ     1 - 1    アルジェリア

第3試合
ウルグアイ     0 - 1    ボスニア・ヘルツェゴビナ
アルジェリア     2 - 1    メキシコ

グループH

予選結果 勝点 予選順位
クロアチア 1勝2分0敗 5 1位通過
ナイジェリア 1勝2分0敗 5 2位通過
スイス 1勝1分1敗 4  
コスタリカ 0勝1分2敗 1  

第1試合
ナイジェリア    1 - 1    クロアチア
コスタリカ    0 - 1    スイス

第2試合
スイス    1 - 1    クロアチア
ナイジェリア    0 - 0    コスタリカ

第3試合
スイス    0 - 1    ナイジェリア
クロアチア    1 - 0    コスタリカ

と予想しました。

 

決勝トーナメントの1回戦は

第1試合

グループ グループ予選通過 決勝1回戦
グループA 1位通過 ブラジル 勝ち抜け
グループH 2位通過 ナイジェリア  

 

第2試合

グループ グループ予選通過 決勝1回戦
グループB 1位通過 スペイン 勝ち抜け
グループG 2位通過 ウルグアイ  

 

第3試合

グループ グループ予選通過 決勝1回戦
グループC 1位通過 ドイツ 勝ち抜け
グループF 2位通過 ベルギー  

 

第4試合

グループ グループ予選通過 決勝1回戦
グループD 1位通過 アルゼンチン 勝ち抜け
グループE 2位通過 ポルトガル  

 

第5試合

グループ グループ予選通過 決勝1回戦
グループD 2位通過 イングランド  
グループE 1位通過 コロンビア 勝ち抜け

 

第6試合

グループ グループ予選通過 決勝1回戦
グループC 2位通過 イタリア 勝ち抜け
グループF 1位通過 ギリシャ  

 

第7試合

グループ グループ予選通過 決勝1回戦
グループB 2位通過 日本 勝ち抜け
グループG 1位通過 ボスニア・ヘルツェゴビナ  

 

第8試合

グループ グループ予選通過 決勝1回戦
グループA 2位通過 ロシア  
グループH 1位通過 クロアチア 勝ち抜け

と予想しました。

決勝トーナメント2回戦は、ベスト8です。

 

第1試合

グループ 決勝2回戦
グループA ブラジル 勝ち抜け
グループC イタリア  

 

第2試合

グループ 決勝2回戦
グループB スペイン  
グループD アルゼンチン 勝ち抜け

 

第3試合

グループ 決勝2回戦
グループB 日本 勝ち抜け
グループE コロンビア  

 

第4試合

グループ 決勝2回戦
グループC ドイツ 勝ち抜け
グループH クロアチア  

と予想しました。

 

大詰めの準決勝は

第1試合

グループ 準決勝
グループA ブラジル 勝ち抜け
グループC ドイツ

 

第2試合

グループ 準決勝
グループB 日本
グループD アルゼンチン 勝ち抜け

と予想しました。

 

3位決定戦は

グループ 最終順位
グループC ドイツ 3
グループB 日本 4

と予想しました

 

決勝戦は

グループ 最終順位
グループD アルゼンチン 1
グループA ブラジル 2

と予想しました。

2010.09.26

カズのJリーグ最年長ゴールを目の前で見て元気を貰いました。

2010年のJリーグのJ2ディビジョン28節の横浜FC対カターレ富山の試合、見に行きました。

目の前で、ほんとに、真ん前で、カズゴール&カズダンスを見れました。

とても、元気を貰いました。ありがとう、カズ。

これは、試合前の練習のシーン。体の切れが良かったです。

P9262499

後半、残り、20分を残して、途中出場

P9263389

出場後まもなく、カズ自らへのファールにより、FKをもぎ取ります。

P9263425

何やら、相談していましたけど、

P9263425_2

やっぱり、FKを蹴るのは、カズ

P9263428

ボールは、壁の上を、キレイに超えて

P9263430

ゴールを、目指して、一直線!

P9263432

ゴーーーーーーーーーーール

P9263433


カズダンス!

P9263439

控えの選手も一緒に、お祝いです。

P9263456_2

2010.08.18

Jリーグが折り返したところで、個人的な雑感

今シーズンのJリーグも折り返して、出身地を活動拠点としているJ1で一番の低予算チームのモテディオが、しぶとい。昨年の様な序盤の「まぐれ」は無いが、今のところ、勝ち点での順位は、YAHOOのサイトなどを参照すれば、真ん中あたりだ。

でも、これで安泰という訳でない。実は、

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           
順位チーム名勝点試合数勝数引分数敗数得点失点得失点差
2鹿島アントラーズ 36191063331914
3清水エスパルス 36191063392712
1名古屋グランパス 38181224301911
7セレッソ大阪 3018864281711
5ガンバ大阪 3119874352510
6アルビレックス新潟 311987428217
4川崎フロンターレ 321895429245
8横浜F・マリノス 281984723212
11浦和レッズ 241973926242
12FC東京 201848620191
10サンフレッチェ広島 26187562022-2
14大宮アルディージャ 18184681519-4
9モンテディオ山形 27198381723-6
13ヴィッセル神戸 19185491926-7
15ジュビロ磐田 18184681725-8
16ベガルタ仙台 151936102132-11
17湘南ベルマーレ 131834111835-17
18京都サンガF.C. 101824121535-20

こういうことだ。勝ち点では27で、9位だが、得失点差では13位のー6。これでは14位、15位との差など有ってないようなものだ。最後になって、勝ち点が同一の場合には、J1に残れるのは、特質点差など、良くある話で、これは、得点力不足という、まるで日本代表の様な欠点が直らない限りは、なかなか上にいけないのと、同じこと。

とにかく、いまは、頑張ってもらって、秋になれば、降格を争う関東のチームとのアウェイ戦が増えるので、スタジアム通いが続くのだろうな。

2010.07.04

2010年のベスト4での勝敗を性懲りもなく書いてみる

南米のブラジウとアルヘンが消えてしまって、ウルグアイが残っていますが、前回の2006年同様に、欧州線選手権の様相を、深めています。

南米を推していましたが、もうここまで、外れまくりですと、もう、書いていて、恥ずかしいような、あほらしいような感じです。懲りずに。誰にも、注目されていないけど。

ウルグアイvsオランダ

贔屓も込めて、オランダ

ドイツvsスペイン

ここまできたら、ドイツ

3位決定戦

ウルグアイvsスペイン

これは、スペイン

決勝戦

オランダvsドイツ

贔屓は、ブラジウを破ったオランダですが、

決勝トーナメントで、イングランド、アルヘンを破った勢いで、

ドイツ

大会MVPは、得点王に5点、クローゼ(通算15点でブラジウのロナウドに並ぶ)

2010.06.26

2010年サッカーワールドカップの決勝トーナメントの予想なんて懲りずに書いてみる

ワールドカップ・1次リーグ・グループ予選(ラウンド・ロビン方式)も終わりました。今晩より、決勝トーナーメントが始まります。決勝トーナメントは、ノック・アウト方式となるために、引き分けのない試合形式です。

ここまでの予想は、贔屓チームのアルヘン、オレンジ軍団を除いて、外れが多いのですが、懲りずに、決勝トーナメントからの予想を、書いてみます。

まずは、ベスト16の試合ですが、以下の様なスケジュールで開催されます

49    6/26 (土)     ベスト16    A組1位  ウルグアイ    vs     B組2位 韓国
50    6/26 (土)     ベスト16    C組1位 アメリカ    vs     D組2位 ガーナ
51    6/27 (日)     ベスト16    D組1位 ドイツ    vs     C組2位 イングランド
52    6/27 (日)     ベスト16    B組1位 アルヘン    vs     A組2位 メヒコ
53    6/28 (月)     ベスト16    E組1位 オランダ    vs     F組2位 スロバキア
54    6/28 (月)     ベスト16    G組1位 ブラジウ    vs     H組2位 チリ
55    6/29 (火)     ベスト16    F組1位 パラグアイ    vs     E組2位 日本
56    6/29 (火)     ベスト16    H組1位 スペイン    vs     G組2位 ポルトガル

それによって、ベスト8、準々決勝は、以下の組み合わせになります。

南米のパラグアイ、決して今の日本が負けるというとか、劣っている部分が有るとかは考えずに、懸念が有るとすれば、ケガやイエローカードの累積です。アンカーとして、地味な阿部ちゃん(実家がウチのご近所なので贔屓です)やガンバの遠藤などの不意な出場出来なくなることが、心配です。

57    7/02 (金)     準々決勝    53 勝者 オランダ    vs     54 勝者 ブラジウ
58    7/02 (金)     準々決勝    49 勝者 韓国    vs     50 勝者 USA
59    7/03 (土)     準々決勝    52 勝者 アルヘン    vs     51 勝者 イングランド
60    7/03 (土)     準々決勝    55 勝者 日本    vs     56 勝者 ポルトガル

第1試合のオランダは、堅実にかちあがります。ブラジウも同様です。第2試合の韓国とUSA、組み合わせの妙でとでもいいますか、このグループは、侮れません。第3試合のアルヘンとイングランド、これは、もう、因縁の組み合わせです。第4試合の日本とポルトガル。ブラジウ相手にイエローカードを連発しながらもドローに持ち込んだポルトガルをあげました。

61    7/06 (火)     準決勝    58 勝者 USA    vs     57 勝者 ブラジウ
62    7/07 (水)     準決勝    59 勝者 アルヘン    vs     60 勝者 日本

第1試合の南北アメリカ対決ですがこれは、守りのブラジウ。第2試合は、個性のチームvs日本です。

63    7/10 (土)     3位決定戦    61 敗者 USA    vs     62 敗者 日本

64    7/11 (日)     決勝    61 勝者 ブラジウ    vs     62 勝者 アルヘン

ここまでくれば、アルヘン、ブラジウ、日本、USAという希望的な結果を書いても良いでしょう。ベスト16の試合は、もう、すぐに始まるのを、楽しみましょう

予想サイトです

2010.06.20

ワールドカップ2010の前半戦を振り返っての予想と実際の狭間での雑感

サッカー・ワールドカップ2010の前半戦が折り返したところで、雑感を書いていきます。

まずは、毎日、予想以上の方が、こちらの記事に、アクセスしていただいているようで、ありがたいことです。アクセスを頂いている記事は、昨年の12月に作成したものですし、データ分析も、そこそこのものなので、かなり驚いています。

昨年の記事でのグループリーグの予想と今日時点の結果は、以下の様になっています。1試合しか消化してないグループでは、総得点、失点ともに、同じ場合なども有ります。

特徴的なのが、

1)北中米を含みラテン・アメリカが強い。ということです。現在のところでは、負けているのは、南米のチリとの対戦での北中米のホンジュラスの1敗のみです。

2)私の贔屓チームのアルヘンとオランダが、2勝で6ポイントで首位ということです。

3)欧州の有名どころが、苦戦しています。とくに前回優勝のイタリア、準優勝のフランス、3位のドイツ、欧州選手権優勝のスペインという具合です。

4)アジアでは、日本と韓国が、グループリーグ最終戦に、決勝トーナメント進出がかかっています。オーストラリアと北朝鮮は、残念な結果です。アジア勢の決勝トーナメント進出は、次回の2014年ブラジル・ワールドカップでの出場枠を現在と同じ4・5を保持するために、譲れないところでしょう。

5)チリが、国内での大震災での復興支援ということからでも、21日(月曜日)のスイス戦の結果が気になります。1962年のチリ大会でも、史上最悪の大地震の翌年での開催で3位になり、復興を目指すリチ国民の期待に答えました。ただし、2002年の日韓大会で、南米予選を13勝1敗4分けという圧倒的な強さを誇ったアルヘンという悪い前例が有ります。預金封鎖(国家破綻)といいう中での国民の期待がプレッシャーとなり、グループリーグ敗退ということもあったことも覚えておこなくては。それは、アルヘンだから?

6)グループCのアメリカですが、最終戦のアルジェリア戦で、勝ってしまうと、オバマ大統領が南アフリカに、参戦(観戦)に行ってしまうのでは。南アフリカの元マンデラ大統領とのツーショット写真なんかが、ありえるのか?カリブ海での油田事故の対応で、オーバルオフィスから演説しているくらいの非常事態宣言(戦争宣言すくらいレベル)という事態だから、ありえないですね。


A組

予想は、1位フランス(2勝0敗1分け)、2位南アフリカ(1勝0敗2分け)、3位ウルグアイ(0勝1敗2分け)、4位メキシコ(0勝2敗1分け)

実際は、1位ウルグアイ(1勝0敗1分け)、2位メキシコ(1勝0敗1分け、得失点差)、3位フランス(0勝1敗1分け)、4位南アフリカ(0勝1敗1分け、得失点差)

B組

予想は、1位アルヘン(3勝)、2位ギリシャ(2勝1敗)、3位ナイジェリア(1勝2敗)、4位韓国(3敗)

実際は、1位アルヘン(2勝)、2位韓国(1勝1敗)、3位ギリシャ(1勝1敗、得失点差)、4位ナイジェリア(2敗)

C組

予想は、1位イングランド(3勝)、2位USA(2勝1敗)、3位スロベニア(1勝1敗1分け2敗、1分け、得失点差)、4位アルジェリア(2敗、1分け)

実際は、1位スロベニア(1勝1分け)、2位USA(2分け)、3位イングランド(2分、得失点差)、4位アルジェリア(1敗1分け)

D組

予想は、1位ドイツ(3勝)、2位セルビア(1勝1敗1分け、得失点差で)、3位オーストラリア(1勝1敗1分け)、4位ガーナ(3敗)

実際は、1位ガーナ(1勝1分け)、2位ドイツ(1勝1敗)、3位セルビア(1勝1分け、得失点差で)、4位オーストラリア(1敗1分け)

E組

予想は、1位オランダ(3勝)、2位カメルーン(2勝1敗)、3位デンマーク(1勝2敗)、4位日本(3敗)

予想は、1位オランダ(2勝)、2位日本(1勝1敗)、3位デンマーク(1勝1敗、得失点差で)、4位カメルーン(2敗)

F組

予想は、1位イタリア(3勝)、2位パラグアイ(2勝1敗)、3位スロバキア(1勝2敗)、4位ニュージーランド(3敗)

実際は、1位イタリア(1分け)、1位パラグアイ(1分け)、1位ニュージーランド(1分け)、1位スロバキア(1分け)

G組

予想は、1位ブラジル(2勝0敗1分け)、2位ポルトガル(1勝0敗2分け)、3位コートジボアール(1勝1敗1分け)、4位北朝鮮(3敗)

実際は、1位ブラジル(1勝)、2位コートジボアール(1分け)、2位ポルトガル(1分け)、4位北朝鮮(1敗)

H組

予想は、1位スペイン(2勝0敗1分け)、2位チリ(1勝0敗2分け)、3位スイス(1勝1敗1分け)、4位ホンジュラス(3敗)

実際は、1位スイス(1勝)、1位チリ(1勝)、3位スペイン(1敗)、3位ホンジュラス(1敗)

2010.05.22

NHKのワールドカップの記録に残る名勝負の放送予定

NHKで、過去のワールド・カップ・サッカーの7試合を、再放送します。

この中には、86年のセミ・ファイナルのアルヘンvsイングランドもあり、見逃せません。

5月23日(日)      総合      0:00~2:15      
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’86メキシコ 準々決勝
「アルゼンチン」対「イングランド」
(1986年6月22日)

5月23日(日)      BS1      13:00~14:50      
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’70メキシコ 決勝
「ブラジル」対「イタリア」
(1970年6月21日)

5月23日(日)     BS1     15:00~16:50    
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’86メキシコ 決勝
「アルゼンチン」対「西ドイツ」
(1986年6月29日)

5月23日(日)     BS1     18:00~20:50    
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’82スペイン 準決勝
「西ドイツ」対「フランス」
(1982年7月8日)

5月30日(日)      BS1      13:00~14:50      
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’98フランス 決勝
「ブラジル」対「フランス」
(1998年7月12日)

5月30日(日)     BS1     15:00~16:50    
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’02日本・韓国 決勝
「ドイツ」対「ブラジル」
(2002年6月30日)

5月30日(日)     BS1     18:00~20:50    
FIFAワールドカップ 記憶に残る名勝負
’94アメリカ 決勝
「ブラジル」対「イタリア」
(1994年7月17日)

ついでに、南米と欧州の贔屓チームの放送も有ります

5月27日(木)      BS1      19:00~20:50      
国際試合
「アルゼンチン」対「カナダ」
(現地 5月24日)

5月28日(金)      BS1      19:00~20:50      
国際試合
「オランダ」対「メキシコ」
(現地 5月26日)

6月3日(木)     BS1     19:00~20:50    
国際試合
「ポルトガル」対「カメルーン」
(現地 6月1日)

6月8日(火)     BS1     19:00~20:50    
国際試合
「スペイン」対「韓国」
(現地 6月3日)

NHKサッカー放送予定

2010.05.16

ワールドカップ1次予選の録画予定

サッカーのワールドカップがそろそろ。

で、仕事が有るから「生」では見れないし録画しないと。で、スカパーも映らないので、NHKを中心として。CM入るから、民間放送は、編集が面倒ですし。。。。

南ア・メキシコ・総合

ウルグアイ・フランス・BS1

アルヘン・ナイジェリア・BS1

イングランド・アメリカ・総合

セルビア・ガーナ・総合

オランダ・デンマーク・総合

スペイン・スイス・BS1

アルヘン・韓国・総合

ドイツ・セルビア・総合

ブラジウ・コートジボアール・総合

フランス・南ア・総合

ポルトガル・ブラジウ・BS1

NHK・ワールドカップ放送予定



2010.01.23

引退した選手が、復活して欧州チャンプ!?

引退したはずのチャンピオンが、復活した!

その名は、エフゲニー・プルシェンコ!

反則だ!プロが、アマチュアの出場するオリンピックに出場するなんて。。。

ん、それって、最近なら、ありだなあ?と、思いつつ。

フィギュア=欧州選手権男子、



プルシェンコが優勝(ロイター)

ここから、メモ、メモ

タチアナ・タラソワ・コーチの

教え子のアレクセイ・ヤグディンは、2002年で、金メダル

タチアナのライバルが、アレクセイ・ミーシン・コーチ

教え子が天才エフゲニー・プルシェンコで、2002年は、銀メダルで、2006年が金メダル

2003年、タラサワの教え子が、ミシェル・クワンで、振り付け担当が、モロゾフ

2003年、ミーシンの教え子が、サーシャ・コーエン

そういえば、2005年に、タラソワから、モロゾフに、変えたのが荒川。。
2005年、タラサワからモロゾフ

より以前の記事一覧

Tumblr

  • Tumblr
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

AddMyClip

  • AddMyClip

最近のトラックバック

フォト

カウンター

Flickr


ウェブページ

フォトグラファー


  • 横木 安良夫
    全日空やサントリーのCMを手がけている写真家で、戦後のベトナムの何気ない人々や風景の写真なとが見れます。ロバート・キャパや一ノ瀬泰造の記事もあります。また、デジタルカメラについての質問や、写真について、などもあります。一ノ瀬泰造とは、先輩後輩の関係のようです。

  • 久保田 弘信
    子どもの表情、老婆の目、幼い子どもの働く姿…。「戦争の残酷さを伝えるのは誰でもできる。別の角度からアフガンの戦争を伝えたい」と語っています。

  • 今岡 昌子
    逆境を乗り越え懸命に生き抜く人々の表情は、目は鋭く輝き、むしろ生き生きと、より人間らしく、死に直面した人々だからこそ、生命の尊さを重んじている一面もあるとして、女性という立場から、自然と女性に注目した写真を取り続けています。

  • 外山 ひとみ
    ”心の瞳”を通して捉えた、“新しい国に生きる女性達の姿”を、この10年見続けたヴェトナムの変貌、素顔、そして未来を、ヴェトナムで出会った様々な女性の生き様を捉えた作品で構成しています。

PodFeed


WeatherForecast

BlogRanking



  • 人気blogランキング

WebRanking


  • ランキング

Technorati


  • http://diving.air-nifty.com/

track word

こうさぎ2

  • BlogPet

SNSアカウント

del.icio.us Mixi Twitter
無料ブログはココログ